低用量ピルのメリット、デメリット

低用量ピル、女性なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ピルは経口避妊薬のことで、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類の女性ホルモンで構成されています。

ピルは約50年前から使われている薬ですが、現在では「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の含有量を少なくし副作用を抑えた低用量ピルが主流です。

ピルの効能で最も知られているのは避妊の効果。

ピルを正しく、飲み忘れなく服用することで排卵が抑制され、ほぼ100%避妊ができると言われています。

※ピルを服用していたとしても、性病等の感染リスクがありますので、セックスの際にはコンドームを着用するようにしましょう。

ピルには避妊以外にも下記のような女性にとって嬉しいいろいろな効能があります。

生理が順調になる
生理痛の改善
月経前症候群(PMS)の改善
お肌の調子がよくなる
子宮体ガン(癌)や子宮内膜症などの婦人科の病気の発生率を低下させる

ピルにはこのようにいろいろな効能がありますが、もちろんリスクもあります。

たとえばピルを飲み始めてから1-2か月は副作用がでる場合があります。

頭痛や吐き気、不正出血などですが、ほとんどの場合飲み続けると治まってきます。

また、ピルは数十年以上飲み続けても大丈夫といわれています。ピルの長期服用で乳ガン(癌)になるリスクが高まるとも言われてきましたが、現在はその心配はほとんどないといわれています。

しかし、定期的にガン(癌)検診を受けることはとても大切です。

低用量ピルは婦人科で処方してもらうことができます。ただし、下記の場合はピルを処方してもらえないことがあるのでご注意ください。

ピルの成分にアレルギーがある
赤ちゃんに授乳している
肝機能などに疾患がある

ピルの服用を考えたときにはまず婦人科に相談してみましょう。