不妊治療ってどんな治療?[5]

不妊症は、妊娠を望み性行為を行っていても、2年以上妊娠しない状態のことをいいます。

不妊症の原因は、あるデータによると、女性側に約5割、男性側に約3割、不明2割と言われています。

不妊治療って
どんな治療?[5]
前回のコラムで「人工授精」をご紹介しました。
今回は、人工授精の次にステップアップした場合に行われる体外授精についてです。
*STEP3*
体外授精
排卵誘発剤を使用し、成熟した卵子を採卵します。

卵子精子を体外で受精させ、 受精卵を子宮内に移植する方法が体外受精になります。

精子に問題がある場合、精子と卵子を顕微鏡で観察しながら卵子へ直接送る「顕微授精」という方法もあります。

採卵までの排卵誘発剤等の注射のための通院や、採卵、移植、移植後の注射など、通院回数がかなり多くなります。

病院によって異なりますが、採卵の際は全身麻酔を使用する病院も多くあります。

受精卵が複数できた場合は、凍結を行い、次月以降の移植のために保存しておくことができます。

---★--*☆*--★---

体外受精も、人工授精と同様保険適用外のため、自由診療となります。

排卵誘発剤の種類、方法、病院によって金額はかなり差がありますが、1周期あたり30万~60万円程度になります。

かなり高額になるため、助成を行っている自治体もあります。お住まいの自治体のホームページなどをご参考ください。

不妊治療は長引けば長引くほど、精神的・体力的・金銭的な負担が大きくなります。

性行為だけなら、愛のない人とも可能ですが、不妊治療はパートナーとの信頼関係深い愛情が なければ乗り越えられません。

夢をあきらめず、少しずつ進めていくことが大切です。

---★--*☆*--★---

オススメコンテンツ
[コラム]不妊治療って!?[1]
[コラム]不妊治療って!?[2]
[コラム]不妊治療って!?[3]
[コラム]不妊治療って!?[4]
[コラム]まさか不妊症!?[女性編]
[コラム]まさか不妊症!?[男性編]
[コラム]妊娠するために何してる?
[コラム]これって妊娠の初期症状?
[症状チェック]妊娠力チェック
[生活編] [セックス編]