キョウコの不妊治療体験談[8]

---★--*☆*--★---
不妊治療体験談
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
vol.8
体外受精(移植)
-------------------------

■前回のコラムはこちら■


○+●+○+●+○+●+○+●

前回、体外授精のため、卵子を採るところまでをお話しました。

今回はその続きになります。

卵子をとった翌日、病院に電話し、受精したかどうか確認します。

いつもこの時が一番緊張します。

受精卵がいくつかできた場合は、1つを子宮に戻し(移植)、他は凍結保存し、次回以降にまわすことができます。

たくさん受精卵ができると、今回の移植で妊娠できない場合でも、次回は受精卵の移植だけですむため、金銭的にも助かる場合があります。

私の場合は、卵子が数個程度しかとれず、凍結できる受精卵は2~3個しかありませんでした。

受精卵の状況によって日時は変わりますが、受精卵が確認されてから2日後くらいに、子宮に受精卵を戻しました。

この時は人工授精のような感覚で、ほとんど痛みはありません。

しかし、自分の体に受精卵が戻される。という感覚は、とても神秘的に感じました。

同時に、自然に授かれる人を本当にうらやましく感じました。

人によっては、移植する際に、卵巣が腫れていたり、子宮内膜の状況が悪く、延期になることもあるようです。

私も、卵巣が腫れており、水がたまっていたのですが、痛みが無かったため、移植していただきました。

移植してからは約2週間通常の生活をしながら、追加で注射を打つために数日通院します。

この2週間は本当にドキドキしながら過ごしました。

しかし、残念ながら、初めての体外受精では妊娠することができませんでした・・・。

体外授精は、採卵~移植までを全て入れると、私の場合、40~60万くらいかかりました。

かなり高額なため、簡単に誰もができる治療ではありません。

体力的、精神的な負担だけでなく、金銭的な負担も大きいため、パートナーや、身近な理解者の支えが本当に必要になります。

○+●+○+●+○+●+○+●

vol.9「ストレスとの付き合い方」に続きます・・・


不妊治療体験談

体験談を書いているのは・・

キョウコさん32才
結婚した日:2008年4月
不妊治療を始めた日:2010年4月
不妊治療を始めたきっかけ:
・結婚して2年経ったこと
・時期的に仕事が落ち着くタイミングだったこと
ひとこと
1人目不妊で仕事と治療の両立に悩んでます。子供が安心できる母を目指して毎日前向きに頑張り中

○+●+○+●+○+●+○+●

オススメコンテンツ
[コラム]不妊治療って!?[1]
[2] [3] [4] [5]
[コラム]まさか不妊症!?[女性編]
[コラム]まさか不妊症!?[男性編]
[コラム]妊娠するために何してる?
[コラム]これって妊娠の初期症状?
[症状チェック]妊娠力チェック
[生活編] [セックス編]