先輩に「任せて安心」と思ってもらえるテク5つ

先輩から信頼のある同僚を見て、「自分とどこが違うのかな」と思ったことはありませんか?

職場での「信頼」は、実はちょっとしたコツを実践するだけで、グンと上がります。

今回は、そんな先輩からの「信頼」を得るための5ポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


ポイント1●指示内容をリピート
先輩から指示されて、 「えー、あー、分かりました・・」と曖昧に返事をしていませんか?

曖昧なリアクションは、『本当に分かったの?』と心配になります。

指示内容は「はい、分かりました。○○ですね?」と、自分の言葉で言い換えて伝えるようにしましょう。

理解できたことを、自分の言葉でアウトプットできると、先輩は『ちゃんと分かっているな』と安心します。


ポイント2●「~ます」と言い切る
どんな時も「~と思います」と言っていませんか?「~と思います」と言うのは間違いではありませんが、「行動への意思」がちょっと弱い印象です。

特に注意を受けている場面で「~と思います」と言うと、先輩に『思うだけじゃダメ』と逆に叱られてしまうかも。

例えば「気をつけたいと思います」ではなく、「気をつけます」と言い切る方が潔さがあってオススメです。


ポイント3●視野を広く持つ
仕事は1人では完結しません。だから自分の作業後に、「誰がどんな作業をするか」までを考えましょう。

報告する時は、例えば「現状○○です。よって△△さんへの送付が○日遅れますが、納期は間に合いますか?」など、他人の作業まで考えて話ができるように意識してみましょう。

具体的な遅れ日数や、関わる人の影響まで考える「視野の広さ」を持っていると、信頼感がアップしますよ。


ポイント4●お願いごとは具体的に
先輩に何かをお願いしたい時は、「してもらいたい行動」まで伝えることが大切です。

ダラダラと話をして、先輩から『私に何かできることある?』と言ってもらっているようでは半人前です。

先輩から気持ちを察してもらうのではなく、「○○について意見が欲しい」「操作を教えて欲しい」など、お願いしたい行動を明確に話すようにしましょう。


ポイント5●代わりのアイデアを持つ
鋭い批判ができることも大切ですが、自分の意見を言わずに、「でも、だって」とただ単に批判的なことを言うのはNG。

他人の考えに「反対意見」は言えるけど、その考えに代わる「代替案」を持っていない人が大半です。

「○○さんの意見、いいと思います」と他人の考えに同意した上で、「ただ、△△という点では、こう思います」と代わりのアイデアを言えるとスマートです。


バリバリキャリアを目指しているわけではなくても、『できる子だな』と思われると嬉しいですよね。

責任感や思いやりを持って、時には潔く、そしてスマートな女性へ。先輩の信頼を得られるよう、上記の5ポイントを意識してくださいね。
by 萩原美月