朝のゆううつを振り払う!やる気を刺激する3つのプチワザ

どうしてもやる気がでない、ゆううつな朝って誰にでもありますよね。そんな日は無理をしないでゆっくり休みたいもの。

でも、そういうわけにいかないのも現実。仕事に、家事に、学校に・・・女子には毎日やることがいっぱい。

今回は、沈んでしまったキモチに喝を入れて、やる気を引き出す3つのコツをご紹介します。


1)とりあえずはじめる「プチ掃除」でやる気アップ!
朝起きたとき、 床に脱いだ服が置いてあったり、テーブルの上に雑誌や食器が散らかったままになったり・・・。

これでは、1日が「うんざり感」からはじまってしまいますよね。

そんな「うんざり感」は「プチ掃除」でどこかにやってしまいましょう。

目に見えて気になるところだけササっとプチ掃除をして、視界をスッキリさせる。

そうすることで、「さあ!今日もがんばるぞ!」という前向きな気分になれます。

視界から入ってくる余計な情報を減らして、やる気モードを盛り上げましょう。


2)朝のテーマソングを決めてメラメラ・モードに!
新しい習慣を生活に取り入れるのは、好奇心を刺激してやる気アップにつながります。

でも、たくさんのことを一気に変えようとすると、うまくいかなくて自己嫌悪に。

どうせ、私にはできないんだ。と、あきらめてしまうのはよくあること。

そうならないためには、すでに自分が毎日やっている習慣のなかに、ちょっとだけアレンジを加えてみるのがオススメです。

オススメは朝起きたときに「テンションのあがる曲」を聞くこと。やる気アップ効果が期待できます。

音楽が脳に働きかけ、セロトニンという脳内物質が分泌され、しあわせな気分に。

自律神経のバランスも整えてくれるので、体調にも良い影響を与えてくれるんですよ。


3)いつもとちょっと違うことをしてワクワク感をプラス!
やる気を引き出すために、いちばん効果的な方法は「好奇心」を刺激すること。

毎日、同じことの繰り返しで、テンションが下がったと感じたときは、いつもとちょっと違うことをしてみましょう。

いつも同じコーヒーを飲んでいるなら、違うフレーバーのものにしてみるとか、朝食にいつもと違うフルーツを食べてみる。このような、ちょっとしたことでOK。

ダイエットのためにランニングをしているなら、コースを変えてみたり、たまには他の運動にチャレンジしてみたり。楽しみながら続けることができます。


自分がどうするとやる気がでるか知っておくと、いざやる気でない朝もテンションをあげて一日楽しく過ごせますよ。

もうどうでもいいや!って、なげやりになる前に、ワクワク感を刺激して毎日楽しくイキイキと生活したいものですね。
by みわ あやの