男性が考える「美人の定義」を知ってモテ力UP!

「日々自分磨きをしているのに、なんだかイマイチもてない・・・」
・・・なんて、なげいている女性いませんか?
もしかしたらそれは「美人の定義」が女性と男性で違っているせいかもしれません。

そこで今回は男性が考える「美人の定義」についてご紹介したいと思います。

今こそ男心を理解してモテ力をUPさせましょう!


●絶対必須!「清潔感」
美人の定義として外せないのがとにもかくにも「清潔感」。

男性ウケのよい芸能人も、肌や髪の美しさや透明感が際立つ女性が多いですよね。

容姿をいくら磨いても清潔感に欠けると男性は遠のいてしまうもの。

清潔感は努力次第で誰でも身につけられる魅力なので、ぜひ見直してみましょう。


●「品の良さ」で美人オーラアップ!
容姿は並でも洗練されて美しい雰囲気をかもし出している女性、いますよね。

TPOに合った振る舞いや外見、美しい言葉づかい…こういう部分から「品」が生まれ、その人がまとう雰囲気を美しく見せる効果があります。

同性から「きれい!」と言われる女性でも、話し方や態度が乱雑だと男性の目には美人には映らないようです。


●まずは自分から!「大切にされている感」を出して
自信を持ち自分を大切にしている女性は、まわりからも大切にされることが多いもの。

また家族や友人から大切にされている女性は、男性から見ても「大切にしないといけない存在」に映り美人効果がUP。

女子同士では自虐ネタがウケることが多いですが、ネガティブになり過ぎず自分を大切にすることも忘れないで下さい。


●「聡明さ」で知的美人に
天然な女性や頼りなさげな女性も「カワイイ」とは思われますが、美人を目指すなら「聡明さ」を取り入れて。

真面目な会話にも耳を傾け意見することが出来たり、自分の意思やこだわりをきちんと持つなどすると○。

聡明さに欠けるといくら見た目がキレイであっても、「いじられキャラ」など他の役回りに回されてしまいます。


●「バランス感」で美人度アップ
メイク、ファッション、プロポーション、性格・・・何をとっても極端過ぎる部分がなく、全体的にバランスの取れた女性は「美しい」と人目に映る傾向が。

濃いメイクや個性的過ぎるファッション、常に「細くなりたい」とダイエットに励む姿・・・どれも男性には美しく映らないよう。

その点美人に見える人は控えめに欠点を隠したメイク、素材が引き立つシンプルな服、メリハリのあるボディなど、「バランスの取り方」が上手なようです。


少し意識するだけでも美人度はぐんとアップします。

ぜひ参考にしてみて下さいね!


by KAMI