コンドームの使い方

みなさんはコンドームのちゃんとした使い方を知っていますか?

学校で教えてくれない、教えてもらったけど恥ずかしくてちゃんと見れなかった、そんな人も多いのではないでしょうか。

コンドームは避妊の中でも簡便に妊娠する可能性をさげてくれます。

しかも性病からも守ってくれる、女性の味方なのです。

妊娠を防ぐ確率90%以上 コンドームは 男性器にかぶせて使う0.02mm~0.05mmのゴムの袋です。正しく使用すれば妊娠を防ぐ確率が90%ともいわれています。

ドラッグストアやコンビニでも手軽に買うことができるので、避妊のために一番使いやすい道具ともいえるでしょう。

しかもクラミジアやエイズなど性感染症も防ぐことができ、望まない妊娠を防ぐだけでなくあなたのカラダを守ってくれます。

恋人ができたら、彼に任せきりにするだけではなく自分でも購入して自分のカラダを守りましょう。

ただし使い方を間違えると、避妊に失敗してしまうことがあります。注意して使ってください。

コンドームのつけ方 いつつけるの?

コンドームは、男性器を腟に入れる前につけなければいけません。

「射精する直前につければ大丈夫」と彼は言うかもしれません。でも、それは間違った知識です。

男性器からは射精の前にもカウパー腺液という透明に近い液体がでており、カウパー腺液の中にも精子が含まれているからです。

彼が大丈夫と言っても、必ず腟に入れる前に装着しましょう。

どうやって使うの?

まずコンドームを袋から出したら、破れているところがないか確認しましょう。破れていると、コンドームをつけても精子が出てきてしまいます。

またコンドームの表と裏の確認もしましょう。

男性器に装着した後、表と裏が逆だったことに気が付きそのまま反転させて改めて装着しても、男性器に付いた側には精液が付いてしまっています。

これでは避妊の効果ありません。

商品によっては表と裏の表記があったり、表面をさわった感触で違いがわかるようなものもありますので、コンドームの種類選びもポイントです。

次にコンドームの先にある膨らんだところをつまんで、空気を抜きましょう。空気が入っていると破れてしまう危険性があります。

空気を抜いたまま男性器の先にあて、くつ下をはかせるようにくるくるとゴムを伸ばして下げていき、根元まできちんとかぶせます。

これで終わりです。

彼の射精が終わったら、コンドームを根元から抑えて腟から抜きましょう。この時、精子がこぼれ出ないように注意が必要です。

また、射精後いつまでも男性器を腟から抜かずにいると、男性器がしぼんで膣の中に精子が出てしまう危険があります。

射精後はできるだけ早く男性器を腟から抜くようにしましょう。

彼につけてもらうために 男性はコンドームをつけない方が感度が高まるため、つけたがらない人も多いようです。

でもあなたのカラダのことを考えてくれる彼なら、コンドームをつけてくれるのが当たり前。

しっかり「コンドームをつけて欲しい」と伝えましょう。話し合えばわかってくれる男性がほとんどです。

セックスの最中はなかなか話ができません。少し気まずいかましれませんが、セックスの前に話し合っておきましょう。

伝え方はいろいろです。

★「妊娠しても産めないからつけて欲しい」
★「二人の将来のためにつけて欲しい」
★「私のことを好きならつけて♪」
★「かわいいコンドーム買ってきたからつけてみて♪」


など彼の性格に合わせて伝えてみてくださいね。

言葉で分かってもらえない場合は中絶手術の動画を彼に見せ、中絶の悲惨さをわかってもらうという方法もあります。

それでもコンドームをつけてくれなかったら、彼はあなたのことを大切に思っていないと言っていいでしょう。

その場合はあなたを大切にしてくれる別の男性を探すことをオススメします。