ピルってなに?

ピルってなに?

ピルにはいろいろな種類がありますが、ここでは低用量ピルについて説明します。低用量ピルは正式には「経口避妊薬」といいます。

ピルは飲む避妊薬で、産婦人科などの病院で処方してもらえる薬です。

ピルはだいたい1シート(1回のセット)が21日分か28日分になっていることが多く、毎日1錠ずつ飲んでいきます。

飲み忘れると効果がなくなったり弱くなったりするため、忘れずに毎日飲むことが大切です。

ピルを飲むとどうなるの? ピルには 妊娠した時に分泌される女性ホルモンが入っており、飲むと妊娠している状態に近くなります。

そうすることでカラダが体内から出す女性ホルモンの量を少なくして、排卵しないようにします。

またもし排卵したとしても、着床しないようにしたり、子宮の中に精子が入ってくるのを防ぐ効果もあります。

このような効果から、とても避妊に効果的なのです。

生理にも効果があるピル ピルを飲み続けると生理にもいい効果があることも。

ピルを飲むと妊娠している状態に近くなることから、子宮内膜が普段より厚くなりません。

その結果はがれおちる内膜の量が少なくなり、生理痛が軽くなったり量が減ったりすることもあります。

またある程度、生理が始まる日をコントロールすることもできるため、計画がたてやすくなるということもあります。

どうやったら手に入るの? 産婦人科などに行き医師に診てもらったうえで、処方してもらうことで手に入ります。ドラッグストアで買うことはできません。

1ヶ月分の1シートが2000円から3000円程度で、初回は診察や検査のための費用もかかります。

診察の費用は医師によって異なるので、初めに確かめておくといいでしょう。

何歳以上という決まりはなく、生理が始まった思春期以降の女性であれば、医師の判断で処方してもらうことができます。

副作用はあるの? 低用量ピルをルールを守って飲んでいるかぎり副作用はほとんどありません。

絶対ないと言いきることはできませんが、それは風邪薬など市販のどんな薬でも同じです。

医師の指示にしたがって正しく飲んでいれば、副作用を心配するデメリットよりもメリットの方が大きいでしょう。

ピルは、コンドームと違って男性に頼ることなく女性が自分の力だけで避妊することができる方法です。

妊娠の可能性をさげる方法としては、とても効果が高いといえます。

ただし、ピルでは性感染症を防ぐことはできませんので、コンドームでの避妊も合わせて行ってくださいね。