授乳中のトラブルSOS!産んだ後のおっぱいトラブル対策


●授乳期に多いトラブル
産後のおっぱいトラブルは、陣痛より痛い!眠れない!といったことも多いようです。

しこりが痛かったり、乳首が切れたり・・・産前産後のお母さんは精神的にも肉体的にもボロボロです。

そこで、乳腺炎などの深刻な状況にならないために、ケアする方法をお教えしておきます。


●パンパンに張るとどうなる?
おっぱいがパンパンに張ると、 血管が浮き出るようになり、しこりができたり、強い痛みを感じます。

眠るにも痛くて眠れずに発熱することもあります。


●痛いおっぱいのケア方法は?
・まずは赤ちゃんに吸ってもらいましょう
痛い方のおっぱいから、すぐ赤ちゃんに飲ませましょう。(はじめのほうが吸う力が強く、たくさん飲むことができます)

・里芋湿布やキャベツ湿布を試しましょう
シップとして、「野菜」を使う方法もあります。

アイスノンや冷えピタなどは、冷やしすぎてしまい、かえって乳腺が詰まりやすくなることもありますので、
里芋湿布やキャベツ湿布が効果的です。

里芋湿布は、市販されている「里芋粉」に水を加えて伸ばしておっぱいにあてます。

キャベツ湿布は、葉の部分をそのまま張り付けるだけ。しこり以外でも効果がありますので、お試しください。


●我慢が出来ないときには助産師さんのおっぱいマッサージ!
でもどうしても我慢できないときは、助産師さんのマッサージ等をネットで検索することができます。

お近くの助産師さんのマッサージを受けて、まずはつまらないようにすることが大切です。

自分でやる方法もありますが、痛みを伴うことが多いので、無理をせず、専門の方にマッサージしてもらいましょう。


●母乳育児を上手に
母乳育児は産後のお母さんの体の回復に役立つだけでなく、
赤ちゃんへのお母さんの免疫やバランスの良い栄養素を与えられる理想の形だとされています。

母乳がたくさん出る人は産後太りも少なくスリムな体系に戻りやすいことも知られています。

また、なにより赤ちゃんとお母さんのコミュニケーションになりますので、
母乳をあげられる環境のお母さんはぜひ、おっぱいケアをしながら健やかな母乳ライフを楽しんでいただきたいですね!
by たかぎ・あすか