夏肌=乾燥!?夏野菜でお肌うるうる!【後編】

前編では夏野菜のうる肌パワーをご紹介しました。

後編では、うるおい不足になりがちなお肌のための夏野菜のお助けレシピをご紹介します。

とっても簡単なので、お料理ビギナーさんにもオススメ!

うるおい肌の味方、ヒアルロン酸をたっぷり補給できますよ。

是非お試しください。

『オクラと山芋の梅ごま和え』

*2~3人分(所要時間:約15分)

【材料】
・おくら10本
・長芋200gくらい
・梅干し2個
・白ごま大さじ1
・料理酒小さじ1/2

1) オクラはよく洗ってうぶ毛を取り、 2分ほど塩ゆでし、流水で色止めして水分をふき取ってから1cm幅に切る。

2) 長芋はピーラーで皮をそぎ、固く絞った付近の上で1cm角に切る。

3) 梅干しは種を取りのぞき、包丁でたたいてつぶす

4) 3)の梅と白ごま、料理酒を良く混ぜてペースト状にしたら①②とよく和える。


●もっとおいしくするポイント
・長芋はぬめりで滑りやすいので、硬く絞った布巾をまな板の上に広げ、その上でカットすると安心。

・全体を箸ではなく手で混ぜると、ぬめりが出て均一に和えることが出来る。

・冷蔵庫で少し冷やしてから食べるとさらにおいしく。

夏は男性も肌にダメージを受けています。

いつもの料理にこの1品を添えて、彼や旦那さんにも喜んでもらいましょう!
インナービューティー研究家・フードコーディネーター 國塩亜矢子