避妊♪彼への伝え方


伝えるタイミング

避妊については、セックスのときではなく、普段のコミュニケーションのなかで、きちんと話しておくことが大事。

セックスのときに言おうとするから言いたいことも言えなかったり、気まずくなったりしてしまうのです。

どうやって伝える?

彼に「いまは妊娠を避けたい」という意思をはっきり伝えましょう。

「コンドームをつけて」とお願い口調で言ってみたり、気持ちをしっかり持って「つけてくれなきゃしない」と強気に出てみたり、彼の性格に合わせて試してみては。

女性が男性にコンドームをつけてあげるという コミュニケーションも可能ですし、避妊をすることで、セックスの熱が冷めるということはありません。

避妊しないとどうなる!?

男性からすると、避妊しないほうが「気持ちがいい」のでしょうが、その結果どうなるか、あらゆる可能性を2人で想像してみてください。


●妊娠しても産めますか?
●きちんと育てられますか?
●産めない場合は中絶しますか?

中絶することは一つの小さな命がなくなるということ。女性のカラダとココロは深く傷つきます。

男性は、相手の女性のことを本当に大切に思っていたら、きちんと避妊するはず。それができないなら、そこまでの男性、そこまでの関係だったということです。

「安全日」は妊娠しにくい?

またよく「安全日」だから妊娠しにくいと考えている方もいますが、正確に排卵日が分かっていない限り、安全な日はありません。

「安全日にはコンドームをつけてセックスをする」「危険日にはセックスをしない」ようにすることをオススメします。

ちゃんと避妊するために・・・

今まで避妊をしていなかったらなかなか言い出しにくいかもしれません。みんなの伝え方を参考に勇気を出して言ってみましょう!


みんなのパートナーへの伝え方
■あたしまだ妊娠したくないな?
■お互い大人なんやから責任あるHをしよう
■コンドームしないなら別れる!
■ちゃんとコンドームつけて!赤ちゃんできたらどうするの?
■私のこと好きならつけて♪


パートナーが買わない場合は、自分でかわいいコンドームを買ってみるのもアリ。

「かわいいのを買ったから使ってみたいな」って言ってみてはどうでしょう。