着ぶくれ防止!冬のニット選び

冬の必須アイテム、ニット。しかし、一歩間違えると体全体が雪だるまのように着ぶくれ!太って見えてしまう危険なアイテムです。

そこで、自分の体形に合った「太って見えない」ニット選びのポイントをチェック!


●ぽっちゃりさんに「ざっくりニット」は危険!

今年のトレンドはざっくり編んだローゲージニット。手編みのようなデザインでボリューム感があり、ラフな雰囲気。

細身のパンツやジーンズにもよく合うデザインですが、 ぽっちゃり体型の人には危険なアイテム!

ゆったりしたデザインが上半身をさらにボリューミーに見せてしまいます。ちゃんと試着して、慎重にデザインを選びましょう。

同じように上半身が太って見えてしまう素材に、モヘアがあります。細くて柔らかな素材が体のラインをまーるく見せてしまいます。

それでも着たい場合は首が詰まったデザインより、Vネックがおすすめです。


●「ハイゲージニット」は上手に選んで

ハイゲージニットとは、ニットの目の大きさが小さく、厚みの薄いタイプのものになります。

このハイゲージニットは、タートルネックセーターなどによく見られますが、素材が薄めで体型にジャストフィットするタイプは要注意!

体にまとわりつくような素材感が、太めのウエストや腰回り・バスト・ウエストからはみだしたお肉まで、しっかり強調してしまいます。

また、華奢な体型の人の場合は体の細さが目立ち過ぎてしまう素材です。この手のニットを選ぶ場合は以下に注意しましょう。

・体にフィットしすぎないデザインを選ぶ
・引き締まって見えるダークなカラーを選ぶ
・華奢な体型の人はマフラーなどの小物でボリュームをだす

また、フィットしすぎを避けようとあえて1サイズ大きめを選ぶと、かえってダボついてしまうことも。

ですが、上手に選ぶことができれば綺麗なラインがでるのが「ハイゲージニット」。

必ず試着して、きれいに見えるシルエットかどうかを確かめましょう。


●太ってみえるかどうかは「首回り」で決まる!

首回りがすっきりしたデザインのVネックや、デコルテや鎖骨が見える大きな襟ぐりは、ぽっちゃりさんにおすすめのアイテムです。

タートルネックに代表される首元が詰まったデザインは首が隠れて上半身の丸さを強調してしまい、太って見えます。

どうしても首まであるニットを着たい場合は少し余裕のある襟ぐりで、
インナーに着たシャツの襟をのぞかせたり、首のラインがちらっと見えるように工夫しましょう。

逆に、華奢な人が大きく開いた襟ぐりのニットを着ると鎖骨が強調され過ぎて細さが目立つ場合があります。

ニット一枚を単独で着るのではなく、インナーからの「チラ見せ」テクニックで同系色の薄手シャツを重ね着したり、ストール使いで工夫しましょう。


●ドルマン袖や五分・七分袖は細く見える!

ボートネックにドルマン袖のデザインは、お腹まわりや上半身がスッキリと着痩せして見える鉄板アイテムです。

手首に近い細い部分を強調する五分袖や七分袖も、手を長く見せてくれるので、おすすめ。

そして、最後に最も重要なのはトップスとボトムのバランスです。長めのニットにはダークカラーのタイツやレギパン。

ゆったりしたニットにショートパンツなどを合わせればスッキリみえます。

体型に合った着こなしで冬のオシャレを楽しんでくださいね。