キョウコの不妊治療体験談[5]

キョウコの不妊治療体験談[5]

【不妊治療体験談 vol.5】
様々な検査(夫側)



主人側の検査は、「精液検査」だけ行いました。

主人にお願いしたところ、全く抵抗がないようで本当にほっとしました・・・。

精液検査は「自宅で※1採精して持参」する場合と「院内で採精する」場合がありました。

2時間以内に持参してもらえれば問題ないとのことでしたので、自宅で採精して、持参することにしました。

事前に、禁欲期間を3~5日とっておいてくださいと言われました。

透明のカップに、名前と採精時間を記載し、紙袋に入れて持参します。

私はいつも先に外に出て、待っていました。

そして、精液検査の結果は・・・・

あまりよくありませんでした。

特に、「※2.運動率」「※3.奇形率」が標準を下回っており、治療などで解決できる問題ではないようでした。

「※4.フーナーテストはせずに、人工授精に進んだ方がいいかもしれませんね。」と、ステップアップをすすめられました。

主人にも、ちゃんと結果を話し、それでも、二人の子供が欲しい。そう思ったので、ステップアップを決意しました。

まさか自然妊娠しにくかったとは・・・としばらく落ち込みましたが、きっと、主人も落ち込んでいたのではないかと思います。


※1.採精
マスターベーションにより精子を採取すること。病院の採精室で採精するか、自宅で採精したものを持参するかのどちらかの方法を選ぶことが多い。

※2.運動率
正常に運動している精子の割合

※3.奇形率
正常な形をしていない精子の割合

※4.フーナーテスト
性行為の後、頚管粘液の中に精子がどれくらい存在しているかを判定します。フーナーテストの結果により、自然妊娠が望めるかどうかを見極めます。



次回、vol.6「人工授精」に続きます・・・


★不妊治療体験談★

書いてくれているのは・・・

キョウコさん32才
結婚した日:2008年4月
不妊治療を始めた日:2010年4月
不妊治療を始めたきっかけ:
・結婚して2年経ったこと
・時期的に仕事が落ち着くタイミングだったこと
ひとこと
1人目不妊で仕事と治療の両立に悩んでます。子供が安心できる母を目指して毎日前向きに頑張り中