キョウコの不妊治療体験談[6]

キョウコの不妊治療体験談[6]

【不妊治療体験談 vol.6】
人工授精



様々な検査とタイミング指導を終えた結果、人工授精にステップアップすることとなりました。

人工授精当日になるまでは、事前に、卵巣の状況を確認し、排卵検査薬を使い、排卵日を予測します。

当日、朝、自宅で採精した容器を病院に持参します。持参した精子を濃縮する処理をするために1時間程度待ちました。

呼ばれた後は、長いチューブがついた注射器のようなものに、名前が書いてあり、間違いがないかを確認されました。

いつもの内診台で人工授精は行われたのですが、最初は気持ち悪く、少し痛みもありましたが、想像ほどではなく、2~3分で終了しました。

その後、腰を高くしてもらい、5分安静にし、終了でした。お会計は、保険がきかないため、私の通っている病院は12,000円でした。

帰宅時、生理痛のような鈍い痛みがしばらく続き、気分が悪くなってしまいました。

初めて人工授精をした日は、なぜかすごく悲しくなったのを覚えています。「ここまでしないと、できないのか~」と、とてもつらくなってしまいました。

そんな気持ちに関係なく、5回人工授精を続けても、授かることはできませんでした。

かなり悩んだ結果、体外授精にステップアップすることを決めました。


次回、vol.7「体外受精(採卵)」に続きます・・・


★不妊治療体験談★

書いてくれているのは・・・

キョウコさん32才
結婚した日:2008年4月
不妊治療を始めた日:2010年4月
不妊治療を始めたきっかけ:
・結婚して2年経ったこと
・時期的に仕事が落ち着くタイミングだったこと
ひとこと
1人目不妊で仕事と治療の両立に悩んでます。子供が安心できる母を目指して毎日前向きに頑張り中