自宅にあるもので!お風呂に入れると美肌になれる5つのちょい足しアイテム

お風呂は、痩せ体質と美肌を作るために欠かせないですよね。そんなお風呂の時間を、もっと効果的にしたくありませんか?

気分を上げるために、高い入浴剤をいれるのもいいですが、家に今あるものや、安く手に入る物をちょい足しすることで、美容効果が得られるアイテムがあります。

そこで今回は、お風呂に入れると美容にも効果的で気分も上がるアイテムを5つご紹介します。


●ちょい足しするだけで美容効果がアップする5アイテム
1)柑橘系くだものの皮
柑橘の香りにはリラックス効果をもたらす効果があります。

なかでもオススメは、みかんの皮を入れる「みかん風呂」。乾燥させたみかんの皮(2~3個)を布の袋に入れて浮かべるだけで完成。

みかんの皮には、ビタミンCやクエン酸が含まれており、ツルすべ肌がゲットできます。

その他、ゆず、グレープフルーツやレモンなどの皮もオススメ。特に、グレープフルーツの香りにはダイエット効果やリラックス効果が高いと言われています。

皮を使うため、くだものを選ぶときは、できるだけ国産のものを選ぶようにしてくださいね。

2)緑茶
緑茶は、美肌や美白に効果的だと言われています。全身の美肌を目指す人は、お風呂に緑茶を入れてみましょう。

緑茶葉を大さじ3杯、市販のお茶パックに入れてそのまま湯船に入れるだけ。しばらく置けばお湯がきれいな緑色になり、癒し効果もアップします。

3)はちみつ
はちみつは全身の保湿に効果的。

量は、大さじ3杯程度。ダイレクトにお風呂に入れてOK。ですが、あまりたくさん入れてしまうとベタベタしてしまうし、髪の毛につくと面倒なことになりますので注意してくださいね。

はちみつにはビタミンB群やビタミンC、カリウムなど美肌づくりには欠かせない成分が大量に含まれている上に、保湿効果があり冷え性の改善にもオススメです。

4)日本酒
日本酒は美肌効果が高いと言われていますが、実は冷え対策にも効果は抜群。日本酒には血管拡張効果があるアセトアルデヒドと、血管の収縮を阻害するアデノシンという成分が豊富に含まれています。

コップ半分から1杯ほどの日本酒をお湯の中に入れるだけで、ぽかぽか湯冷め知らずの効果を実感できます。

ただ、アルコールに弱い人やアレルギーのある人はやめておきましょう。

5)自然塩
塩は特に寒い季節の入浴に最適。保温効果を高めてくれたり、血行を促進して、肩こりや疲労回復にも効果を発揮します。

さらに抹消血管の血流を促進する効果があるので、発汗量がアップして代謝も上がります。

また、発汗パワーによって毛穴がしっかりと開くので、美肌効果も期待できます。毛穴をしっかり開かせてから洗顔すれば、毛穴のつまりやくすみも改善できます。

ちなみに使用するのは、普通の食塩ではなく粗塩(自然塩)がオススメです。量はひとつかみ程度でOK。

お金をかけなくても、こんなに効果的に美肌や冷え性対策ができ、お風呂を楽しむことができるなんて驚きです。「今日は何を入れよう?」なんてと考えるだけでも気分が上がりますよね。

あなただけのお気に入りを探してみるのもいいかもしれませんね。