LINEで分かる!?片想いの脈のアリナシを探る3つの方法

最近は携帯やスマホのメール機能をほとんど使っていない人も多いかもしれません。LINEは新たな連絡ツールとして定番化。

気になる相手との仲もLINEでグッと縮めていきたいものです。メールよりも簡単なツールなだけに、LINEは脈アリ脈ナシ判定が手軽に出来るって知っていましたか?

今回はLINEで脈のアリナシを探る3つの方法をお教えします。


1)スタンプの返信内容から探る

LINEの魅力はなんといってもスタンプ! かわいいスタンプを気になる彼に送信している人も多いはず。あえてスタンプのみ送り、その反応を見てみましょう。

既読後にすぐ反応してくれる場合には脈アリ。かわいいスタンプを返してくれたり、このスタンプかわいいねーなどとポジティブなメッセージを返してくれたりすれば好感触。

既読スルーを長い時間されたり、「え、何?」と少々冷たい反応をする異性は残念ながら今のところ脈ナシかもしれません。

この場合は、「ごめん、間違ってスタンプだけ押しちゃった」など、誤送信であることをアピールしましょう。場合によってはそこから会話が広がるかもしれません。

非常に分かりやすい脈のアリナシ判断方法ではあるのですが、やりすぎると「ウザい」に変わります。

また、脈アリ男性でも、何度も続くと意味不明な行動だと思われ引いてしまう危険性があります。あくまでも試しに1~2回程度にしておきましょう。


2)スタンプのキャラから探る

こちらもスタンプ。さり気なく好きなキャラを伝えて、あなたもそのキャラのスタンプを頻繁に使ってみましょう。

もし、そのキャラや同じ雰囲気のスタンプを使ってくれるようになった場合は脈アリ。あなたを喜ばせようとしてくれているのです。

男性が女性の「かわいい」と思うスタンプを探すという行動は、実はとても難しい行為なんです。

送られた場合は、「そのスタンプかわいいね!」など、大げさに喜ぶのがさらに好感度を上げるコツ。

スタンプに対して完全にスルーする場合は、残念ながら脈ナシかも。

ただし、スタンプを重要視していない男性も多くいます。相手のタイプによって判断してくださいね。


3)簡単に答えられる質問をしてみる

メールよりもLINEは短文。なので、要点だけをガッチリおさえた質問ができるのもLINEの強みです。

「あの新作映画観た?」「○○って行ったことある?」など、気軽に質問してみましょう。

それについて詳しく答えてくれたら脈アリである可能性大。「観てない」「行ったことない」で会話が終わる場合は残念ながら脈ナシ。

ポイントはすぐに答えられる質問であること。好きな相手とはどうにか会話を伸ばそうとするものです。

観たことがなければ「面白いの?」などと返すでしょうし、場合によってはデートに発展するかもしれません。

「××でオススメの場所ってある?」など少々考える必要があるものは、判定がしにくいのであまりオススメではありません。

いかがでしたでしょうか? LINEで脈のアリナシをチェックするのはとっても簡単。

もちろん、このチェックが当てはまらない男性もいますが、ものは試し。気になる彼にこっそり送ってみましょう!