生理中の性行為は大丈夫!?

生理中の性行為であれば妊娠しない?
生理中って性行為してもいいの?


生理中の女性のカラダはとてもデリケート。 生理中の性行為のリスクについて、きちんと知っておきましょう!

■生理中の性行為のリスクは?


生理中の性行為は、基本的にはコンドームを装着してであれば、細菌の感染などのリスクは多少は回避できます。

ですが、血液が接触しますので、感染症(HIVや肝炎、梅毒など)を完全に防ぐことができるという保証はありません。

そして、生理中は、子宮内の内膜がはがれおちている時期ですので、膣内は非常にデリケート。

性行為を行うことで、子宮が収縮し、生理痛が増すケースもありますので、痛みを感じる場合、無理に行うことは避けた方がよいでしょう。

■生理中なら妊娠しない?


生理の直後に排卵が行われる場合もあり、また、精子が通常より長く生存している場合もありますので、妊娠する可能性はゼロではありません。

妊娠を希望しない場合は、生理中でもしっかり避妊しましょう。



生理中だから大丈夫。ではなく、生理中だからこそ、「病気」と「妊娠」のどちらのリスクもあるということを意識することが大切です。