正解リップで美人度アップ!自分に似合う色を選ぶ4つの方法

メイクには欠かせないリップですが、色の選び方を間違うと唇が浮いて見えたり、かえって顔色を悪く見せてしまったりすることがあります。

その時々で流行もありますが、残念ながらその流行色が自分に合うとは限りません。

そこで今回は、簡単に自分に似合うリップカラーがわかる方法をご紹介します。自分に似合う色をきちんと選ぶだけで、美人度がアップしてモテ顔になること間違いなしです!


●自分に似合うリップカラーを選ぶ方法
方法1:親指の色でチェック
親指の先が見えるように、 人差し指と中指で挟むようにして手をギュッと握ってみてください。

実は、このときの親指の先端の色が自分の唇に近い色なのだとか。その色に近いリップを選べば唇だけが変に浮いてしまうということもなくなるので、試す色を選ぶときにチェックしてみましょう。

方法2:唇の色から選ぶ
「唇の色が濃い人」は、濃い色のリップカラーだと発色しすぎて浮いてしまう傾向が。なるべく薄めのカラーを選ぶようにしましょう。

逆に「唇の色が薄い人」は、薄い色のリップカラーでは、顔色が悪く見えてしまいます。ハッキリと発色する、色の濃いものを選ぶと顔がはっきりして地味な印象を払しょくできます。

また、リップカラーをキレイに発色させるために、リップ用のコンシーラーで唇の色を、いったんリセットするのもオススメです。

方法3:肌の色から選ぶ
肌の色に合わせてリップカラーを選ぶと、比較的馴染みやすいので浮いてしまうということも防げます。

・黄味がかったオークル系の肌色の人
⇒ベージュ、オレンジ、ゴールド、コーラルピンク系がオススメ

・色白、ピンク系の肌色の人
⇒青味がかったピンク、ローズ系がオススメ

方法4:なりたいイメージから選ぶ
自分はどういう女性に見られたいのか、どういった女性になりたいのかをイメージしてからリップカラーを選ぶのも効果的な方法です。

・「癒し系」になりたいなら
⇒ほんのり控えめに発色するピンク系のリップカラーが最適。

・「イイ女系」になりたいなら
⇒発色が良いリップカラーがオススメ。肌の色に合わせて黄色めか、青めのローズピンクを選ぶといい女を演出できます。

この選ぶ方法を自分に合うように組み合わせてリップカラーを選んでみてください。
自分に似合うリップカラーを見つければ、いつものメイクのままでも美人度が格段にアップ。今使っているリップがなんだかしっくりこないと感じている人は、ぜひ試してみてくださいね。