痩せたい人必見!ダイエットに成功する色、失敗する色

バランスの良い食事、運動、睡眠。がんばってダイエットをしているのになかなか効果がでない・・・そんな時には、カラーセラピーを活用してみませんか?

色は視覚を刺激して、脳にさまざまな影響を与えます。どんな色がダイエット効果をアップしてくれるのか、早速チェックしてみましょう♪


●「赤」で新陳代謝アップ&脂肪燃焼!
「赤」は代謝を上げたり、視覚的な刺激によって満腹感を与えたり、筋肉運動を活発にしたり・・・と体内の脂肪燃焼に役立つ色です。ダイエットだけでなく、多くの女性が抱えている悩み「冷え」を解消する効果もあるといわれています。

赤信号で分かるように、「赤」には目立つという効果があります。そのため「周りから見られている」と自分自身で意識をして、緊張感を高めてくれます。

また、赤い色を目にすると「目標を達成させたい!」という意欲も高まります。そのため、「ダイエットを続けるぞ」というモチベーションの維持にも効果を発揮してくれます。


●「黄色」は消化をスムーズにする効果!
「黄色」は交感神経系に作用して体の動きを活発にしやすいため、食べた後の消化がスムーズになりやすく、便秘も解消して心身ともにすっきりした気持ちになれます。

また、「なかなか痩せない」「食べたい」「ツライ」という気持ちがふつふつと湧いてきてた時に「黄色」を見ると、現実を冷静に分析しつつ、スタイルを良くするために楽しみたいという感覚に。

ダイエットをゲーム感覚でこなせるようになり、楽しくポジティブな気持ちをキープすることが出来ます。

黄色のルームウェア、インテリアなどを取り入れて、ダイエットの効果をアップさせましょう。


●どんな「赤」&「黄色」がベスト?
赤は赤唐辛子のようなイメージのカラーがベスト。体内で脂肪が燃えるような赤色を選びましょう。

そして、黄色はレモン色に近いカラーが理想的。レモン色は色の中でも最も現実的になれる色だといわれているので、自分の体型や体重を受け止めて「あと何キロ痩せよう」とか「あとどのくらいウエストダウンしたらいいか」など目標を立てやすくなります。


●要注意カラーは「ピンク」「青」
気をつけて欲しいのは、ダイエットに不向きな色を見につけたり、使ったりしてしまうこと。

まず「ピンク」ですが、自分を甘やかしてしまう効果がある色なので、せっかくダイエットをしていても「今のままでいいかな」「ちょっとくらい食べてもいいよね」なんてことになりかねません。

恋愛運を高めたり、女子力をアップさせる色でもあるので、ポイントで少しならOKですが、使いすぎには注意しましょう。

また、クールな印象の「青」。暑い夏に青いものを見るととても涼しげな気分になりますよね。これは、青が脳内に与えるクールダウン効果によるものです。

血の巡りや発汗作用を抑える働きをするので、脂肪燃焼や新陳代謝をダウンさせることもあります。冷え症を招くこともあるので使いすぎにはくれぐれも注意しましょう。


●変化しない色「黒」はダイエットの大敵?!
着まわし力の高い「黒」もダイエットには不向き。黒は、拒絶の色と呼ばれており「変わらない」「新しいものを受け入れない」という変化をしない色でもあります。

そのため、もっとキレイになりたい!という気持ちよりも「私らしさが一番」とマイワールドを築いてしまうのです。

すると「太っていても私は私」という気持ちが優位になりダイエットなんてしたくない!という気持ちにつながります。ダイエット中は、出来るだけ避けたい色です。

私たちは日々の生活の中で、心理的・生理的に色の影響を受けています。

楽しくダイエットを成功させるために、「赤」と「黄色」をうまく活用してみましょう!