長続きするカップルとすぐに破局するカップルの違い

恋愛には別れのリスクがつきものです。あなたも彼と「別れよう」と思ったとき、なにかしらの決定打がありませんでしたか?

対して仲のよいカップルは、数年間と関係が続き、そのままゴールインすることも珍しくありません。一体、関係が続くカップルとすぐに別れてしまうカップルには、どんな 違いがあるのでしょうか?

今回はそんなカップルの違いについて探ってみましたので、ご紹介します。


● すぐに別れてしまうカップルの特徴って?
まずは、すぐに別れてしまうカップルの特徴について覗いてみましょう。以下にありがちな別れの理由を2つ挙げてみましたので、身に覚えがないかチェックしてみてください 。

1)なんとなくで付き合った

「男友達に告白されて付き合ったが、友達のままの方が良かった」「カラダの関係になり、付き合うことになったけど・・・」

こう思ってしまうのは、相手に対する恋愛感情が薄い証拠です。なんとなくで付き合い始めると、その後も恋愛感情が湧いてこないことが多いかもしれませんね。

2)相手を束縛してしまう

「アドレス帳に入っている女性のメアドを全部消してもらった」、「スケジュールはすべて把握しないと気がすまない」と、相手を束縛しているようでは息が詰まる一方です 。

本当に相手のことを思うなら、自分の幸せより相手の幸せを願うもの。一緒にいて居心地が悪くなるようでは、別れ話を切り出されても仕方ありません。


● 長続きするカップルはコミュニケーション
では、反対に長続きするカップルについてはどうでしょうか?筆者の周りにいる仲のよいカップルの特徴を以下の2つにまとめてみました。

(1)「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える

彼の機嫌を損ねてしまったとき、「ごめんって言わなきゃ……」と頭ではわかっていながら、なかなか言えないことはありませんか?どんなに気を許せる恋人でも、最低限の 気遣いは必要です。

こちらに否があると思ったときは、素直に「ごめんなさい」と口にすること。また、彼が家まで迎えに来てくれたときは、「ありがとう」と感謝すること。たとえ些細なこと でも、気遣いを示すことでふたりの絆は一層強くなります。

(2)真面目な話もくだらない話もできる

長続きするカップルは、お互いを心の底から信頼しています。他人ならバカバカしいと感じる話や重すぎて引かれてしまう話も、気兼ねなくすることで相手を信頼するように なるものです。

そのような話ができる相手は、友達ですら限られるので、好きな人ならなおさら大事にしたいと思いますよね。

長続きするカップルと言っても、なにか特別なことをしているわけではありません。最低限の「気遣い」をしながら、どこまで「相手との信頼関係」を築けるのか。

そんないたってシンプルなことができる関係こそが、長続きするカップルと言えるのかもしれませんね。