痩せるに痩せない?ダイエットの足を引っ張る生活習慣

痩せるに痩せない?ダイエットの足を引っ張る生活習慣

ダイエットをしたいと運動をはじめても、なかなか続かない・・・という人は多いのではないでしょうか?

頭では「運動しなきゃ!」と分かっていても、同時に「面倒くさいな…」と矛盾した気持ちを抱えることは多いですよね。

ですが、実は運動するよりも夜型の生活を改める、間食をしないといった生活習慣から変えた方が、体は効率的に痩せていきます。

今回はそんなダイエットをしたい女子が見直したい、生活習慣をご紹介します。


● サンダルが足を太くする?!

夏場になると、履く機会が増えるサンダル。しかし、「楽だから」と長時間履き過ぎてしまうと、足が太くなるって知っていましたか?

これはサンダルの歩き方に原因があります。本来、靴を履いている足はふくらはぎの筋肉が伸び縮みしており、足裏をしっかり使った正しい歩行が行われています。

それがかかとを覆わないサンダルだと伸び縮みされにくく、結果的にふくらはぎの筋肉が下がってしまい、足を太くさせてしまうのです。

これはミュール、スリッパにも同じことが言えます。ただでさえサンダルは長時間履くと足が疲れてしまうので、行き先に応じてきちんと履き替えるようにしましょう。


●猫背が足を太くする?!

同じく猫背も足を太くさせる原因のひとつです。そもそもスラッと伸びた健康的な足は、太ももの前側の筋肉と、後ろ側の筋肉のバランスで成り立っています。この後ろ側の 筋肉をつけることで、ヒップアップと美脚に繋がります。

ところが猫背は前屈みなので、前側の筋肉ばかりが発達。すると、後ろ側の筋肉は衰えてしまい、足はますます太くなってしまう一方に…。ただでさえ、猫背は疲れて見えた り、自信のない印象を与えがちです。

猫背を矯正するのはなかなか難しいですが、気がついたときでも「いけない、いけない」と、背筋を伸ばすことを意識することが大切です。


● これはさけたい!脂肪が燃えにくくなる生活習慣

食事制限で痩せようとする女子は多いですが、「ご飯抜きダイエット」といった過度な食事制限は、みずから太りやすい体を作ってしまいます。「サラダだけ」「フルーツだ け」といったダイエット方法は、一時的に痩せてもリバウンドも激しいもの。

タンパク質が不足すると筋肉量が減ってしまいますし、ビタミンが不足しても代謝が落ちて、脂肪が燃えにくくなります。食事制限をするときは、栄養バランスを考えて全体 量を減らしたり、間食をやめる形でおこないましょう。

いかがでしたか。「なかなか痩せない……」と悩む女子も、心当たりのある習慣を見直すことで、ダイエットの成功率を高められるはず。ぜひ実践して、理想の体を手に入れ てくださいね。