マグロから女豹へ!彼が虜になる“攻めるセックス”の魅力とは

マグロから女豹へ!彼が虜になる“攻めるセックス”の魅力とは

セックスをする時に恥ずかしくて自分からは動けないとか、どう動いたらいいのか分からないなんて感じている人は多いのではないでしょうか?

マグロ女子という言葉が流行りましたが、この言葉は女子にとってあんまり嬉しいものではありませんよね。

この言葉の裏には、男性も実は女性に受け身ではなく攻めて欲しいという願望が現れているように感じます。

お互いが満足するセックスができるように、時々あなたも攻める立場になってみたいもの。今回はあなたがSになることで深まる、“攻めるセックス”の魅力をお伝えします。


● 相手の顔をじっくり見て愛情アップ

どうしても自分が受身になっていると、恥ずかしくて相手の顔を見ていないということはありませんか?

コレはとてももったいないこと。相手がどう感じているかを確かめるチャンスを逃しています。

男の人は上で攻めている時より、下にいる時の方は力が抜けているので表情はゆるみます。

その彼の愛らしい顔を、あなたが攻める立場になれば、じっくりと見れちゃうんです。普段なら誰にも見せない彼の顔が見られると思うと、嬉しくなってしまいますね。


● 彼をちょっぴりいじめて愛情アップ

男性が女性を攻める時、そこには征服心があります。相手を自分の好きなようにできるということは大きな快楽に繋がりますよね。

あなたが攻めにまわると、その心が味わえます。あなたが動いたリズムに彼がとても嬉しそうにしていたら、いたずら心に火が付いて、ますますいじめてやりたいと感じるか もしれません。

バリエーションを増やして愛情アップを。いつも同じ事をしていたら、人間は飽きてしまいます。

長く付き合っていると、どうしてもセックスも単調になりがち。そこで、あなたが攻めの立場に回ることによって相手に意外性を与えられるかも知れません。

最初は上手でなくても、あなたの一生懸命な姿にきっと彼はきゅんとくることでしょう。

一緒にセックスを楽しみたいという気持ちは彼にしっかり伝わるはずです。

いかがでしたか?恋人同士にとって、セックスは大切なコミュニケーション。たまには女豹になってみるのも関係を長続きさせるコツです。あなたが嬉しくて、彼も嬉しい、 幸せなセックスライフにしていきましょう♪