梅雨に打ち勝つ髪メイク術


梅雨の悩みと言えば、やっぱり髪!
髪がうまくまとまらなくてイライラした経験、皆さんもあるのではないでしょうか?

こんな時期だからこそ、髪のお手入れについてしっかり見直しておきましょう!


1. シャンプー・トリートメント編

湿度が高いから髪には水分が足りている…と思うのは大きな間違い。髪のうねりの原因は髪全体のダメージにあります。

トリートメントを欠かさず、普段から髪のダメージを少しでも和らげることが大切です。ぺたんこ髪になってしまう人はノンシリコンシャンプーでボリュームアップするのもオススメです。
2. ドライヤー・ブロー編

髪を洗ったあとは、まずタオルで水気をしっかりと取ります。
この時こするようにするのはNG。髪をタオルに当て、優しく叩くようにしていきましょう。

ドライヤーでは高温で一気に乾かした後、冷風で汗を抑えて髪が広がりにくくなるようにしていきます。この時、根本と内側からしっかり乾かすのがコツです。髪を持ち上げて、上から下に向けて風を向けていきます。

手ぐしの場合でも内側から指を通していきましょう。ブラッシングのしすぎはキューティクルを剥がす原因にも繋がるので注意して。


3. スタイリング編

重すぎるワックスは厳禁です。スプレータイプが◎。
もしワックスを使う場合は頭皮を避け、髪の下から半分に重みを持たせるようにしましょう。


4. それでも改善できない場合

それでもとにかく広がってしまう人にはまとめ髪がオススメ。
普通のまとめ髪じゃつまらない……という場合は、編み込みなどでアレンジを加えるとよりかわいくキレイにまとまります。

トップがどうしてもぺたんこになってしまう人は太めのカチューシャを使ってみるとよいでしょう。
ただカチューシャをするだけではなく、ハーフアップなどと合わせてみたり、前髪をサイドに流してみたりと工夫してみるのもひとつの手です。

そして一番やってはいけないことは、ついうっかり濡れたままの髪で寝てしまうこと。傷んだ髪はまとまりにくくなり、髪のうねりを悪化させてしまいますのでご注意を!

梅雨の髪メイクに悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。


by 時雨屋るこ