しまった!でも、大丈夫!?うっかり日焼け後の効果的なアフターケア

しまった!でも、大丈夫!?うっかり日焼け後の効果的なアフターケア

だんだんと日差しが強くなる季節。うっかり日焼け止めや日傘を忘れ、気が付けば焼けていた……シミやシワがこわい!

そんなあなたに、今回は「日焼け後の効果的なアフターケア」についてご紹介します。


●STEP1 まずは、冷やす

日焼けは、お肌が軽い火傷を起こしている状態。まずは肌を冷やし、クールダウンさせることが先決です。

やり方は簡単。保冷剤やビニール袋に入れた氷をガーゼにくるんで肌にあてたり、冷たいシャワーを流して肌を冷やしましょう。


●STEP2 保湿する

皮膚が赤い状態の時、保湿クリームを塗るのはかえってNG。十分に冷やし、赤みが消えてから行いましょう。

この時注意したいのが、化粧水やクリームの成分。日焼けのケアをしたい時は、それ相応のものがあるとベスト。

例えば、アロエ成分の入っているもの。アロエには炎症を抑える働きがあるので、効果的です。また、美肌効果の高いビタミンCがたっぷり配合されているものもオススメです。量は、いつもの3倍から5倍の量で。コットンにたっぷりふくませ、優しくパッティングしましょう。

また、肌だけでなくカラダの中にも潤いを。ミネラルウォーターやスポーツドリンクでしっかり水分補給をしてくださいね。


●STEP3 ビタミン摂取で内側からケア!

肌のケアが終わったら、内側からもサポート。ビタミンをたくさん摂取しましょう。レモンなどに多く含まれるビタミンCはシミやシワの防止になりますし、ゴマや大豆、アボカドに含まれるビタミンEを摂ると日焼け肌の回復効果が高まるといわれています。

また、日焼けをした日は体が疲労していますので、ぐっすりと眠ることも大切です。

いかがでしたでしょうか。

うっかり日焼けもアフターケアで肌のダメージを最小限に抑えることができます。ただし、日差しの強い日は、やはり事前の日焼け対策がマストです。これからの季節は特にしっかりと行ってくださいね。