我慢しない!女子の新常識「スイーツダイエット 」

甘いものは我慢したくないけど今より痩せたい…。

そんな悩みを抱えている人は意外と多いのではないでしょうか?

そこで提案したいのが「スイーツダイエット」です!スイーツはダイエットの敵じゃないの?と思う方も多いかもしれませんが、決してそんなことはありません。

上手にスイーツを取り入れることで、甘いものを我慢せずにダイエットが続けられるのです。


1. どうして甘いものを食べると太りやすいの?

答えは体内の分解によるメカニズムにあります。食べ物は体内でエネルギーとして分解されます。

分解されて代謝されなかった糖分が脂肪として体の中に蓄えられるのです。ですので糖分を摂りすぎてしまうと、脂肪を作り出すもととなってしまいます。


2. ダイエット中に甘いものを食べるメリット

甘いものを食べると、脳内でセロトニンという物質が分泌されます。セロトニンにはストレスを和らげる効果があります。

ダイエット中にイライラしがちな人はこのセロトニンパワーに頼るのが吉。うまく利用することで余計な食欲を抑える効果も生まれるので一石二鳥です!


3. 食べ方のコツ

・カロリー日記帳をつける
・血糖値を上げにくいスイーツを選ぶ
・おやつの時間は3時ころを目安に

実はこの3つがダイエットの秘訣。

まずはカロリー日記帳。甘いものは気が付けばついつい食べてしまいがちです。それを防ぐためにも、食べたお菓子は記録するのが◎。

慣れてくると食べ合わせのアレンジもできるようになってきます。

例えば1000キロカロリーのお弁当を食べるのではなく、800キロカロリーのお弁当+200キロカロリーのスイーツを食べる……などといった計算もできるようになってきますよ。


また、スイーツ選びも重要です。

太りにくいスイーツの代表は「和菓子」です。水ようかんやお団子、もなかやまんじゅうは、実はかなりの低カロリースイーツ。

どうしても洋菓子が食べたい!という人には野菜のケーキやタルト、シュークリームやプリンがおすすめです。

選ぶ際には生クリームが少なめかどうかをしっかりとチェックするのがポイント。

「3時のおやつ」というのは聞きなれた言葉ですが、実はこれも理にかなっています。

食後すぐに甘いものを食べると血糖値がみるみるうちに増加してしまい、ダイエットには不向きです。

ランチ後の15時ころはエネルギーを消費している時間帯なので、無駄な脂肪を溜めにくくなりますよ。

皆さんもスイーツを食べながら、キレイなダイエット美人を目指してみてくださいね!

【参考】ベルメゾンネット ダイエットグッズ
-------------------------
by 時雨屋るこ