モテ女はこう使う!恋愛に効くLINE&電話の使い方

モテ女はこう使う!恋愛に効くLINE&電話の使い方

気になる彼や大好きな彼となかなか会えない……。

そんなときのLINEや電話のやり取りで「あれ……?」と思われてしまったら次会うまでに関係が崩れてしまうことも。

今回はモテ女が使う、恋愛に効くLINEや電話の使い方をご紹介します。



●モテ女のLINEの使い方

1)ベタに「女の子らしい」スタンプをチョイス!

たくさんあるLINEスタンプの中でモテ女はしっかりモテスタンプを見極める目を持っています。

モテたいときは「なんかぶりっこかな……」なんて気持ちは捨て去って、思い切って可愛らしい雰囲気のものを選びましょう。

顔が見えない分、ここで使われるスタンプがあなたを連想させます。

キモ系のスタンプやウケ狙いスタンプは友達用にするのがベター。

2)メッセージ付きスタンプを活用!

これはかなり便利です。知り合ったばかりや、敬語を使う距離のふたりでも、スタンプなら親近感倍増です。これで自然と距離が縮まること、間違いなしです。

3)連続投稿には要注意!

いくら送りたいからといっても、相手の返事がないのに連続で送るのはNG。

これには相手は引いてしまいます。

最悪のケース、「面倒くさいなぁ~」と思われ次のデートの約束も取り逃してしまうかも。

既読スルー!?と感じても、きちんと返事がくるまでガマンが大事です。


●モテ女の電話の使い方

LINEで距離が縮まってきたら、思い切って電話もしてみましょう。

このときはなるべく用件を作って、最初に電話で話したかった必要性をアピールしてくださいね。

いきなり「声が聞きたくて……」なんて、会って間もない子に言われてもほとんどの男性は困ってしまうので、間違った積極的発言は控えましょう。

1)声でいい女をアピール

電話では、直接声を聞くことで、よりリアルにあなたを感じます。

元気さをアピールするもよし、母性本能をくすぐるような優しさでもよし、嘘にならない程度に、ワンランク上の雰囲気を電話口でだしてみましょう。

(キンキン声や暗すぎる声は男女ともに嫌われやすく逆効果です)

話す時はいい女を感じさせるような声、そして話し方を意識して下さいね。

2)電話したけど聞く側にまわる

お互い慣れ始めるとついつい自分の話ばかりしてしまいますが、女性は聞く側にまわって!

彼の話を「そうなんだ~」「大変なんだね」と返答しながら真剣に聞いてあげることで、話しやすい女性になりましょう。

3)徐々に電話の回数を増やす

相手からも電話がくるようになったらしめたもの。

相手の反応を見ながら徐々に電話の回数を増やしましょう。

電話をすることが習慣になってしまえば、もう恋人になるまで時間はかからないでしょう。


いかがでしたか?

会っていない時間の方が長い分、そこをどう使うかが勝負です。

相手の反応を見ながら試してみて下さいね!