しつけが悪い?生まれつき?落ち着きのない子の原因は○○不足の食事にあった!?

しつけが悪い?生まれつき?落ち着きのない子の原因は○○不足の食事にあった!?

じっとしていられない、急に大声を出したり、泣き出したり、いつもどこかうわの空……。今まで、このような「落ち着きのない子」は性格の問題と考えられていましたが、原因が「毎日の食事」にあるかもしれない、ということが分かってきました。

特に、成長に関わる大切な成分である「ミネラル」が不足すると、イライラや情緒不安定を引き起こすと言われているそうです。


●ミネラル不足の原因

代表的なミネラルは、ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・カリウム・鉄・亜鉛・ヨウ素など。これらは、自然塩、海藻類、根菜類、みそやしょうゆに多く含まれています。

栄養たっぷりの土から育てられた野菜やくだものには、たくさんのミネラルが含まれていますが、化学肥料や農薬で栽培された市販の作物にはこれらの栄養素があまり含まれていません。

作物に含まれているとされる栄養素の量も年々減ってきているといわれています。


●砂糖や添加物の過剰摂取がミネラルを浪費

現代の食事は、ただでさえミネラルが不足しがちですが、食品添加物や砂糖を摂り過ぎると、この排出や分解に体内のミネラルを浪費してしまいます。

コンビニのおかずやスーパーのお惣菜など半調理品には、添加物が多い上に、食材本来が持つミネラルもごくわずか。

そして、お菓子や菓子パン、カップ麺、ジャンクフードなどの添加物が多い食べものを摂り過ぎることは「すぐにキレる」イライラ脳を作ってしまいます。


●家で楽しく食べる

では、食べるものに気をつけて必要な栄養素をしっかり摂れていればそれで安心なのでしょうか?

いいえ、栄養をきちんとからだに吸収、取り込むには、

「家で温かい食事をする」
「一人でなく家族で食事をする」
「野菜を使った季節感のある食事をする」など

「楽しい雰囲気で食べる」ことがとても重要。

子どもにとっては安心できる家こそが、いちばん楽しい場所であるべきです。

また、「食べたいタイミングを大切にする」
「なるべく手料理する」
「食事中に子どもが嫌がる成績や勉強の話をしない」

ことにも気を配りましょう。

食事の時間が楽しくなれば、少し嫌なことがあっても、お母さんの作ったおいしい食事をおなかいっぱい食べることで幸福感が生まれ、気分もおだやかになれます。

難しい調理技術は必要ありません!近所の八百屋さんで売っている旬の野菜を使ってゆでたり焼いたり。和食中心の献立になれば、自然とミネラル豊富なメニューになります。

イタリアンや洋食は、“たまに”のごちそうにとっておいて、キレやすい子にならないためのひと工夫を毎日の食事から始めてみませんか?