真夏の外出も怖くない!日焼け後の正しいアフターケア

真夏の外出も怖くない!日焼け後の正しいアフターケア

ジリジリと太陽が照りつける、夏。女性にとって何よりも心配なのは「日焼け」ですよね。日焼け止めを忘れた、または塗っていても、あまりの日差しに日焼けしてしまった……そんな時はきちんとしたアフターケアをすれば、ダメージを最小限に抑えられます。


●日焼け=軽度の火傷

日焼けは医学用語で「日光皮膚炎」と呼びます。れっきとした、火傷の一種なのです。放っておいたら、肌に何かしらの悪影響が出てしまいます。

日焼けはすぐに痛みを感じるのではなく、紫外線を浴びて6時間~12時間後くらいに感じ始めます。まずはその時の状態を良くチェックしておきましょう。あまりに酷い場合は、皮膚科に行くことも検討しましょう。


●軽い日焼けなら……まず冷やす!

日焼けをしてしまった場合は第一段階としてとにかく冷やして炎症を止めることが第一。冷たいシャワーを浴びるか水風呂に入りましょう。日焼けした当日は熱いシャワーや浴槽につかるのはNGです。

シャワーから出たら、タオルでくるんだ氷や氷水で重傷な部分を冷やします。


●冷やした後は、保湿が大事!

日焼けにより、紫外線と皮膚の炎症の発熱で水分が奪われている肌はカラカラに乾燥しています。この乾燥が後々肌に悪影響を及ぼします。

アロエベラ、桃の葉、ヒアルロン酸、セラミドなどは保湿力が高い化粧水やローションでたっぷり保湿しましょう。化粧水の後はもちろん乳液でケア。この時ローションを含ませたコットンを冷やしておくと、日焼けにも効果的且つとっても気持ちいいですよ。


●最後は内側からケア!

皮膚の再生に必要なビタミンや水分を補給しましょう。かんきつ類に含まれるビタミンC、牡蠣やレバーなどに含まれる皮膚の再生を促すミネラル、亜鉛。コラーゲンももちろん効果的です。

食品で摂ることが難しい時は、女性用の美容ドリンクを日焼けの後に飲む習慣をつけるのも、いいかもしれません。

ついつい面倒で怠ってしまいがちですが、日焼けのアフターケアは「直後」にすることが大事。放っておくことはしないよう、「これは軽い火傷なんだ」と思ってなるべく迅速に行いましょう。