デートは毎回高級ディナー!? 奢られ女子のたしなみ3つ

デートは毎回高級ディナー!? 奢られ女子のたしなみ3つ

あなたの周りに、男性から頻繁に高級ディナーをごちそうになっている女友達はいませんか?

SNSに投稿されるワインや美味しそうなフレンチを見るたびに、「なんでいつもあの子ばかり!?」と、嫉妬心がジワジワ……。

実は、そういった“高級ディナー奢られ女子”には、共通点があるのです。それは、男性に「この子を高級ディナーに連れていきたい」と思わせる、華麗な3つのたしなみを身につけていることなのです。

あなたも、そのたしなみをこっそり身につけ、お目当てのレストランへ連れていってもらいましょう!



その1)お店をほめる、ほめ上手

男性は女性からほめられるのが大好きです。高級店でなくても、自分が紹介したお店をほめられれば、とてもいい気分になります。

例えば、彼のお気に入りのお店を教えてもらったら、「さすが、いいお店知っているよね!」「わー! すごくよさそうなお店!」など、すかさずセンスをほめましょう。

教えてもらうだけでなく連れていってもらったら、「店員さんが感じよかったね!」「最近食べたパスタの中でダントツ!」など、具体的にほめましょう。

彼の心にさされば、「次はもっと高級なお店に連れていってあげよう」と、きっとすぐに行動してくれるはずです。


その2)マナーが完ぺき、ふるまい上手

男性は、せっかく高級なお店に連れていっても、マナーがなっていない女性だと知れば、幻滅します。

高級ディナーに連れて行きたいと思わせるには、お店の雰囲気に合わせた服装、料理に合ったいただき方、お店の人への言葉遣いなど、一通りできてこそ。

男性とディナーにいったら、どんなお店でもそのお店に合ったふるまいを心がけましょう。

万が一、食べ方のわからない食材や料理に遭遇したら、相手に小声でこっそり「どうすればいいんだっけ?」と可愛く質問するとよいですね。

まちがっても、知ったかぶりのいい加減なマナーで、彼に恥をかかせないようにしましょう。

「魚の食べ方がきれい!」「箸の使い方がきれい!」などの新しい発見があれば、男性からみた、あなたの好感度は一気に上がるはずです。


その3)感謝を伝える、よろこび上手

「本当においしかった、ありがとう!」「こんな素敵なお店に来られて、感激!」など、とにかく感謝とよろこびを伝えましょう。

男性も、「ここでこんなによろこんでくれるなんて、あの店ならもっと……」と、次に連れていきたいお店をイメージするはず。

さらに上級者は、よろこびを第三者に伝え、男性の耳に入るようにします。「他人に知られて恥ずかしくない店を選ばなくては!」と、男性は張り切るでしょう。

いかがでしょうか。こうした小さなたしなみが、大きな結果につながるのです。

高級ディナーに連れていってほしいと思ったら、それに見合ったたしなみを身につけてみましょう。

自分にはハードルが高すぎる、と思う場合は、まず、華麗なたしなみを身につけている女友達と食事にいって、マナーを磨くところから始めてみるのはどうでしょうか?