何キロまでOK!? 知っておきたい妊娠中の体重管理

何キロまでOK!? 知っておきたい妊娠中の体重管理

妊娠中、気になることの一つが「体重の増加」。増えすぎると難産になると言われたりするものの、つわりやストレスでどうしても食べてしまう時もありますよね。

ですが、やっぱり体重が増えすぎるのはトラブルの元。体重を増加させすぎないよう、何を心がけていけばいいのか、ご紹介します。



●体重が増えすぎるとなぜダメなの?

体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群(以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていました)や妊娠糖尿病のリスクが高まるといわれています。

妊娠高血圧症候群になると、胎盤異常により、胎児の発育が悪くなったり、重篤な妊娠合併症がおこりやすくなるそう。

また、妊娠糖尿病になると、赤ちゃんが巨大児になったり、低血糖などの合併症がおこることがあります。このようなリスクを下げるためにも、体重管理は重要なのです。


●理想的な体重の増え方は?

まずは妊娠前のBMI数値を計算しましょう。妊娠前の体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)の計算式で求められます。

BMI数値が18.5未満はやせぎみ、25以上は肥満と判断されています。

それぞれのBMI数値ごとの、理想的な体重の増加は以下のようになります。(※出産時までの体重増加です。)

BMI18.5~25未満は7~12kg、やせぎみの人(BMI18.5未満)は9~12kgの体重増加がすすめられています。

この程度の体重増加が、お母さんの体の異常が最も少なく、胎児の正常な発育と最も関連していることがわかっています。

一方、妊娠前に肥満であった人(BMI25以 上)は、血圧や血糖値の異常などと関連が深く個別に対応することになっていますが、概ね4~6kgの体重増加が目標とされます。(日本糖尿病・妊娠学会より)

ただし、この範囲内だからといって、急激に体重が増えるのは危険ですので注意しましょう。


●妊娠中の体重増加をコントロールするにはどうしたらいい?

妊娠中は、運動をしっかりするのは難しいため、体重の管理で重要なのは「食事」につきます。

炭水化物をたべすぎない、脂っこい物や甘いものを控えるなど、カロリーを考えながらバランスのよい食事をとるように心がけましょう。

和食中心の食生活がおすすめです。

また、マタニティスイミング、ヨガ、ウォーキング程度でしたら負担も少なく、カロリー消費にも役立ちます。医師に相談したうえで、出来る範囲の運動をするようにしてくださいね。


●こんな時は太りやすいので注意して!

妊娠中、「どうしてこんなに太るんだろう?」とお悩みの場合、こんなケースに当てはまっていないかチェックしてみてください。

1)横になっていることが多い
動いていないので、食べれば食べるほど太ってしまいます。体を動かすような楽しみをみつけましょう。

2)安定期に入って食欲がわいている時
つわりがしんどかった人ほど要注意!妊娠する前より食べすぎていないか、振り返ってみましょう。

3)外食が多い
最近は外食する方が増えています。外食はどうしてもハイカロリーで、またついつい食べ過ぎてしまうことが多いので、気をつけましょう。


妊娠中で色々と大変なのに、美味しいものまで我慢しなきゃいけないのは、辛いですよね。

でも、安心してお産を迎えられるよう、赤ちゃんに負担をかけないよう、自分の身体を一番に考えて、乗り越えていきましょう!