実はオススメ!妊娠中の健康維持に良い「白湯」の効果と作り方

実はオススメ!妊娠中の健康維持に良い「白湯」の効果と作り方

妊娠中、つわりや便秘などに悩むことが多いですが、体に優しく、健康維持やダイエット等にも効果があるとされているのが『白湯(さゆ)』。

「白湯って、ただのお湯でしょ?」と思うかもしれませんが、実は妊娠中の女性には特にオススメなのです。

では、どのように効果的なのか、ご紹介していきましょう。


●そもそも白湯って何?

白湯とは、一度沸騰させたお湯を冷ましたもののことです。沸騰させることで、殺菌、消毒がされるため、昔は多くの方が白湯を作って飲んでいたのです。


●白湯が健康に良い理由とは?

白湯が健康によいといわれる理由は、いくつかあります。

1つ目は『体を温める効果』。妊婦さんに冷えはNGなので、体内の臓器からゆっくり温めてくれる白湯の効果で、冷えを防ぐことができます。

2つ目は『代謝を上げる効果』。体を温めることで、代謝がよくなるとされています。

体の脂肪が燃えやすくなるため、ダイエットにもよいと言われています。

3つ目は『肌荒れ防止』。代謝がよくなり、不純物や老廃物を体の外に出す力が増えることで、美肌効果も期待ができます。

また、水分を定期的にとることで肌の乾燥を防ぐといわれています。妊娠中はホルモンバランスの乱れなどで肌が荒れたり、体が乾燥して痒くなったりと様々な肌トラブルが起こります。その緩和に役立つのが白湯なのです。


●知っておきたい「白湯の作り方」

白湯の作り方はとっても簡単!鍋などでお好みの量の水を沸騰させます。その後、40~50度のぬるま湯くらいまで冷まして飲むだけ。

飲む時は時間をかけてゆっくり飲むようにしましょう。特に朝起きた時や入浴前などに飲むのがオススメです。


妊娠中はもちろん、出産後も続けることで、産後ダイエットや、健康維持につながります。ぜひ妊娠中から毎日の習慣に取り入れていきたいですね。