お正月太りした人必見!ラクしてダイエットなら腹筋より●●すべし

お正月太りした人必見!ラクしてダイエットなら腹筋より●●すべし

お正月にしっかり太ってしまった……なんて人、多いのではないでしょうか。特に、「お腹周りが年末と明らかに違う」なんて声もよく聞きます。

「年明けから、ハードな運動や食事制限といったキツイダイエットはしたくない」のが本音ですよね。そこで、今回は、簡単で効果抜群な『スクワットダイエット』をご紹介します!


●痩せたいなら腹筋よりスクワット?



たるんだお腹周りを引き締めるために、腹筋をしているのに効果が出ないと感じている人が多いのだそう。

ショックなことに、腹筋をしたとしてもお腹周りを引き締める効果はあまりないといわれています。お腹周りを引き締めるためには、お腹以外の筋肉も一緒に鍛える必要があるのです。そこで是非実践したいエクササイズが、『スクワット』。


●スクワットこそ「痩せる筋トレ」だった!



お腹周りというよりは、太ももや下半身に効くイメージのスクワットですが、なんと腹筋を鍛える効果が強力だという説が。

腹筋500回が、スクワットならたったの15回で同じ筋力アップの効果が得られるといわれています。これなら、忙しくても簡単にチャレンジできますよね。

さらに、スクワットは腹筋だけではなく、太ももやヒップなどをはじめ全身の筋肉を使うため、お腹以外への効果も期待できます。


●正しいスクワット15回で確実に痩せる



それでは早速正しいスクワットの方法をご紹介します。

1)椅子の前に立ち、足のつま先を左右平行にして、足を肩幅くらいに開きます。背中や腰が曲がらないように意識して、両手を体の前側に、肩の高さまで上げます。

2)そのままの姿勢で、ゆっくりと腰を曲げます。椅子に向けて、下ろし、尾てい骨自体が下に向くようなイメージでゆっくり落としていきます。

3)太ももの裏と床が平行になるように、椅子ギリギリまで腰を下ろします。椅子には座らないように注意して。

4)ゆっくりと1の姿勢に戻して、同じ動作を10回~15回の目安でおこないましょう。

これが基本のスクワットです。全身の筋肉を鍛える意識でおこないましょう。


●痩せポイント3つを抑えて効果アップ



1)ひざが足のつま先より前に出ないように意識


スクワットは、ひざが足のつま先より前に出ないようにします。足の付け根を腰にぐっと近づけるイメージで腰を落とします。

2)腰の位置をしっかり定めておく


腰を下ろしたときに、曲がってしまうと筋力を鍛える効果が半減。お腹は腰を押すように腹筋を使い、腰はお腹を支えるように背筋を使います。腰周りの筋肉を意識して、鏡を見ながら位置を定めてみましょう。

3)つま先が内側に向かないように注意


つま先が左右平行になっていないと、骨盤の位置がずれてしまい効果が得られません。内側に寄ってしまったり、左右の位置がズレないように注意して。


スクワットは週2~3回程度でOK。筋肉を休ませる日もつくるといいそうです。

お正月太り解消のために習慣としてとりいれてみてはいかがでしょうか?