食べ過ぎ・寝すぎ……冬に気分が落ち込む「季節性のうつ」に要注意!

食べ過ぎ・寝すぎ……冬に気分が落ち込む「季節性のうつ」に要注意!

「なんだか最近疲れやすい……」「布団から出る気力がない」「落ち込みやすくイライラしやすい」こんな症状はありませんか?

それは、もしかしたら『季節性のうつ』かもしれません。寒くなる秋や冬は、うつになりやすい季節なのです。特に女性に多いとも言われていて、暖かくなる季節には治っているのが特徴です。

季節性のものならば、病院に行く必要はほとんどないようですが、気分が落ち込むのは嫌ですよね。自分で原因と対処法がわかっていれば、ずっと過ごしやすくなります。


●冬は日照時間が少ないことが原因



冬は、幸せホルモンと呼ばれる脳内の『セロトニン』が少なくなる季節。『セロトニン』が減ってしまう原因は、『日照時間が少ないこと』にあります。セロトニンは、光の刺激により分泌されるといわれているのです。

夏などの日照時間の長い時期は、太陽の光を多く浴びることができるので、自然とやる気も高まります。ですが、秋や冬などの日照時間が短い時期には、眠くなりやすく、やる気も出にくくなるのです。


●日本人に多い「季節性うつ」



日本は、はっきりとした四季がある素晴らしい国ですが、その分目まぐるしく変わる気候や温度に、体が対応しきれない場合があります。

秋冬になりやすい「季節性うつ」の特徴は、『食べ過ぎ・寝すぎ』。どれだけ寝ても強い眠気があり起きていることが辛くなったり、甘いものを無性に食べたくなるというような症状があること。

秋ロに悪化し始め、冬は症状が出続けるのに、春に消える……ということが2年以上続く場合、『季節性うつ』を疑った方がいいかもしれません。


●とにかく太陽の光を浴びる



『季節性うつ』の一番の原因は『日照時間の短さ』。つまり症状を改善するには太陽の光を浴びることが何よりも先決。

最初は週に2回、30分ほど意識して太陽の光を浴びるようにしてください。毎日であれば15分でもよいでしょう。

晴れている日に外へ出て、太陽の下で過ごしましょう。冬は日が落ちるのが早いので、そのためには早寝早起きも心がけるとよいですね。

特に外が寒い日には、無理に外に出る必要はなく、カーテンをあけて室内に日光を取り込み、窓際でゆっくりお茶を飲んだり、リラックスするのもおすすめです。


●生活習慣を整えることが第一歩



『季節性のうつ』に限らず、整った生活習慣は、多くの心の病気の改善や予防に効果的です。できるだけ毎日、同じ時間に起き、朝の光を浴びましょう。

どうしても辛くて起きられない人は、部屋の照明を明るくしてみるのもオススメです。

そして朝食をきちんととることも重要。朝食を食べると血糖値が上がり、1日の活動エネルギーになるからです。


最近何かとやる気が出ないと思ったら、まずはこの方法を試してみてくださいね。

大切なのは、「光を浴びること」と「生活習慣を整えること」。秋冬も太陽をあびて元気に乗り切りましょう!