「どうしても相性が合わない!」そんな相手と上手く付き合うコツと考え方

「どうしても相性が合わない!」そんな相手と上手く付き合うコツと考え方

あなたは周りに、「気が合わない」「相性が悪い」「苦手」と感じる人はいますか?

人間同士なので必ずしも気の合う人ばかりではないのは仕方のないこと。

でも、仕事となれば、気が合わないからといって関わらないわけにいきません。

そこで、苦手な人とも上手に付き合うためのポイントをまとめてみました。


●割り切って付き合う



どんな相手でも、仕事や地域のコミュニティなど、社会においては避けては通れないものです。

四六時中一緒にいるわけではないのですから、割り切ってお付き合いをしましょう。

考え方は人それぞれ。いろいろな価値観や性格の人がいて当然なのだと割り切りましょう。


●態度や言葉に出さない



苦手意識が強くなればなるほど、その気持ちが知らず知らずのうちに、態度に出やすくなってしまうもの。

そういった雰囲気は相手に伝わりやすく、かえって関係性を悪化させることにもなりかねません。

「この人苦手だな……」と思っても、優しい言葉遣いや柔らかい表情を意識したり、自分からあいさつをするなど心がけてみて。

周りに「あの人苦手なんだよね」などとうっかり漏らすもの気をつけましょう。


●相手のよいところに目を向ける



一度苦手だと思ってしまうとなかなかその印象は変わらず、どうしても嫌なところばかりを見てしまいがち。

ですが、その人にも必ず長所があるはずです。

相手のステキなところが一つでもみえてくると、以前よりもその人に興味が湧くようになり、ガラッと印象が変わることも。

そうなると相手に対して自然と優しくでき、よい関係性を築くことができてくるでしょう。


苦手だからといって避けるのではなく、相手を知ろうと努力することで、あらたな世界が広がるかもしれません。


一度きりの人生なので、ストレスを感じながら生活するのは避けたいもの。

明日、苦手だと思う人にあなたから話しかけてみてはいかがですか?