スマホの普及で急増中!「ストレートネック」の症状とその対策法

スマホの普及で急増中!「ストレートネック」の症状とその対策法

最近は生活の一部になりつつある『スマホ』。ガラケーに比べて画面も大きく手軽にインターネットが楽しめるため、ついつい長時間の使用になりがちですよね。

ところが、スマホに変えてから「肩凝りがひどい」「首が痛い」などの症状が出始めた人も少なくないそう。

その症状は『ストレートネック』の可能性が。スマホと共に急増中のストレートネックとはいったいどんなものなのでしょうか。


●ストレートネックとは?



ストレートネックとは、言葉の通り『まっすぐな首』のことです。正常な首の骨は少しカーブしているのですが、何らかの原因によってまっすぐになってしまった状態のことをいいます。

首の骨がカーブしていることにより、背骨にかかる頭の重さや、歩行時などの揺れによる脳へのショックなどを軽くしてくれるのです。

それが、まっすぐになってしまうことで、本来軽減されるはずの負担がカラダの筋肉にかかり、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。


●ストレートネックの原因と症状



では、なぜ本来あるはずのカーブが無くなってしまうのでしょうか。まず『姿勢の悪さ』は代表的な原因のひとつ。猫背や日ごろのデスクワークなど、『慢性的なうつむき姿勢』によって首のカーブは失われてしまうのです。

長時間のスマホ操作も、急激に増えている原因のひとつといえるでしょう。症状としては、『肩凝り、首の痛み、頭痛、めまい、ふらつき』など。さらにひどくなると『手の痺れや吐き気、自律神経の不調』にまで影響を及ぼすことも。


●ストレートネック対策



ストレートネックを引き起こさないためには、『うつむき姿勢』を長時間続けないこと。仕事でのデスクワークなど、やむを得ない場合もありますが、適度に休憩を取り、姿勢をリセットするストレッチなどを心がけましょう。

このとき、背中の筋肉の中継地点ともいわれている『肩甲骨』を動かすストレッチをすると効果的ですよ。


いま、自分の姿勢を見直してみて、うつむき加減の人は注意が必要かも。カラダが悲鳴をあげる前に、予防をしてあげましょう!