永遠のテーマ「姑問題」を解決するための3つの心得

永遠のテーマ「姑問題」を解決するための3つの心得

“愛する人との幸せな結婚生活”のばずが、そうともいえなくなる原因のひとつ『嫁姑問題』。これは、結婚した女性にとっては永遠のテーマなのかもしれません。

しかし、誰もが必ず嫁姑問題にブチ当たる、というわけではなく、お姑さんと上手なお付き合いをしている人も。そんな円満な関係を築くポイントをご紹介します。


心得1)控え目を心がける



お姑さんとは結婚するまで、全く別の環境にいた人同士です。価値観や考え方が違うのは当然のこと。また、“嫁と姑”には世代間の『ジェネレーションギャップ』も存在します。

嫁の立場としては、「どうにかお義母さんに認めてもらいたい、褒めてもらいたい」という気持ちが強くなりがちですよね。ですが、自分自身の見た目や言動、主張などを控えめにすることを心がけ、夫やお姑さんを立てるようにしましょう。


心得2)聞き役に徹する



女性はおしゃべりが大好きで、自分の話しを誰かに聞いてもらいたい生き物。それは同じ女性のお姑さんも一緒です。

「夫や息子はあまり話を聞いてくれない……」と感じているお姑さんは、同じ女性の嫁に話を聞いてもらいたいのです。一歩引いて、どんな話題であれ否定はせず、オーバーなくらいに相槌を打ってあげましょう。しかし、お舅さんや夫の悪口に同調してしまうとマイナスイメージがついてしまうので気をつけましょう。


心得3)頑張りすぎず時には頼る



『良き妻』『良き母』『良き嫁』になろうと頑張りすぎていませんか?

誰だって頑張りを褒めてもらえることは嬉しいもの。だからといって、頑張りすぎてピリピリしているその雰囲気は、周りからみると距離を近づけにくい状態になることも。

完ペキを求めず、家事や子育てのことを時々お姑さんに頼ってみましょう。可愛い息子や孫のためなら、嫌には思わないはずですし、むしろ嬉しいはず。素直に頼る可愛らしさも大切ですよ。


特別な配慮が必要となるお姑さん。ですが仲良くなっておくことで、今後の長い人生においてメリットはたくさんあります。基本的には“控えめ”“聞き役”に徹しつつ、お姑さんを味方につけてしまいましょう。長い時間をかけて、少しずつお互いが大切な人になっていくことができるように、心がけてみてくださいね。