妊娠中の旅行ってどうなの!?安心して旅行するために知っておきたいこと

妊娠中の旅行ってどうなの!?安心して旅行するために知っておきたいこと

ストレスを感じやすい妊娠中。リフレッシュするために、夫婦でゆっくり旅行に行きたい気持ちもありますよね。

子供が産まれると、なかなか夫婦でゆっくりする時間もないので、「今のうちに行っておきたい」という妊婦さんも多いようです。

その反面、「妊娠中の旅行は何かあったときに対応できるか自信がない……。」という不安もありますよね。

そこで今回は、妊娠中に旅行をするときに知っておきたい、気をつけるとよいことをご紹介します。



●妊娠中は旅行してもいい?



妊娠中の旅行はダメ、という決まりはありません。しかし、妊娠中は病気ではないとしても、普段とはカラダの状況が違います。

自己判断で「大丈夫!」と判断するのは危険。医師に相談することをオススメします。


●旅行に比較的適している時期は「安定期」



では、どの時期が妊娠中の旅行により適しているのでしょうか。

一般的には特に異常がなければ『安定期』(5~7ヶ月頃)に行くのがよいとされています。

安定期は妊娠初期と違い、胎盤ができてくることで流産のリスクが減り、つわりなどが落ち着き、気分がよい日が安定して増えてくる時期です。

またお腹がすごく大きくなる前なので、体力的にも安心です。


●旅行に行くときの注意点



妊娠中の旅行がダメではないといっても、早産のリスクなど、確実に『大丈夫』といい切ることはできません。

では、実際旅行をすることになった場合、どんなことに気をつけておくと安心なのでしょうか。

・時間に余裕をもったスケジュールを組む
・アクティビティなど、激しい動きがあるものは参加しない
・母子手帳や保険証を忘れない
・旅行先の病院を調べておく
・宿泊先や航空会社に妊娠中であることを伝えておく

これらは優先的に気をつけるようにしておきましょう。

同行する家族や友人にも協力してもらえるように相談しておくとさらに安心ですね。


他にも親友の結婚式で長距離の移動と宿泊が必要な場合など、妊娠中に旅行することになる理由はさまざま。

自分の体調はもちろん、家族に相談して納得した状態で旅行を楽しめるとよいですよね!