不安を解消!赤ちゃんが離乳食を楽しく食べるようになるコツ

不安を解消!赤ちゃんが離乳食を楽しく食べるようになるコツ

母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんも、少しずつ食事を学んでいきます。その第一歩が『離乳食』です。

たくさん栄養をとってほしくても、離乳食に切り替えた途端になかなか食べてくれなくて困っているママも多いよう。

赤ちゃんが離乳食を嫌がらず、楽しく食事をすることができるためには、どんなコツがあるのでしょうか。離乳食を始めるのによい時期とともにご紹介します。


●離乳食、いつ頃からあげるの?



首のすわりがしっかりし、支えれば座ることができる、生後5~6ヵ月頃からスタートさせるのが適切といわれています。

1日1回1さじずつ、すりつぶしたおかゆや野菜からはじめてみましょう。


●どんなものをどの時期に食べさせる?



生後7~8ヵ月くらい


離乳食を始めて2~3ヵ月経った頃(目安としては生後7~8ヵ月くらい)、食べ物を口の中で唾液とまぜ、舌を使いつぶして食べる練習の時期です。

この離乳食中期では、食材が固くなりすぎないように注意しながら作りましょう。

野菜はみじん切りや、粗くつぶしたものを食べさせます。魚は細かく身をほぐし、肉はひき肉を使うと良いです。豆腐などのカンタンにつぶせる食材もオススメです。

上手に飲みこめるようになったら、1日2回にするなど、離乳食の回数を増やしていきます。

生後9~11ヵ月くらい


『もぐもぐ、ゴックン』が上手にできるようになったら、『歯茎でつぶせるくらいの少し歯ごたえのある食事』に切り替え、1日3回に増やします。

生後12~18ヵ月くらい


1日3回の食事リズムを大切に、手づかみ食べから『食べる楽しみ』を感じさせてあげましょう。薄味であれば、大人が食べるものを取り分けてあげてもOK。

食べる量が少ないと心配になってしまいがちですが、赤ちゃんの胃は小さいです。いっきにたくさん食べられないので、心配しなくても大丈夫。


●怒らないで!赤ちゃんを自由に!



野菜、魚、肉とバランスのとれた食事をさせたくても、思うように食べてくれない日もあるはず。

それに悩み、ストレスを抱えてしまうママもいます。

そんな場合は、「1週間を通して、栄養バランスがとれていればよし」と思うくらいがいいのかもしれません。

赤ちゃんは、食べ物をこぼしたり、口に上手に入れられなかったりするのが当たり前。

そんなときは怒るのではなく、自由に食べさせてあげましょう。

いろいろな経験をしながら、上手に食べることを覚えていきます。


子育てにおいて、離乳食についての悩みはつきもの。
しかしママの不安は、赤ちゃんへ伝わってしまいます。

赤ちゃんが安心して食事ができるよう、ゆっくり焦らず工夫を重ねていってくださいね。