ハッピーイースター!意外とカンタン!可愛いイースターエッグの作り方

ハッピーイースター!意外とカンタン!可愛いイースターエッグの作り方

先日ラルーンでもアンケートを行った、春のイベント”イースター”!春の訪れを感じさせる、カラフル華やかな可愛いイベントです。

海外ではメジャーですが、日本ではあまりなじみがないですよね。

キリストの復活祭を意味し、イースターエッグといわれる卵や、そのイースターエッグを運んでくるといわれるウサギがモチーフになっています。

“春分の日を過ぎた最初の満月の日曜日”と定められた祝日で、今年は3月27日があたります。

今回、想像以上にカンタンに作れて可愛い、イースターエッグの作り方をご紹介します♪

まずは卵の下準備


まずは卵を準備します。白い卵のほうが、その後の飾りつけがしやすいのでおすすめ。

生卵やゆで卵など、好きな卵に絵を書いて楽しめば大丈夫。

今回は卵の上下に小さな穴をあけて中身を取り出したものを作ります。その理由はいかに!?

画像

空の卵を作る場合、卵の上下にそれぞれ針で小さな穴をあけ、うち片方は直径5ミリくらいに広げます。竹串をくるくる回して広げ、そのまま卵の中身を竹串でかき混ぜます。

卵が十分にほぐれたら、小さいほうの穴に短く切ったストローをあてて、口で空気を吹き込みます。すると反対の大きめの穴から、中身の卵液が出てきます。

(卵液はボウルで受け止めて、オムレツなどの卵料理に活用してくださいね♪)

空になった卵は水ですすいで、中身を乾燥させるために風通しの良いところに、30分以上放置してください。

絵付けは自由に♪


画像

卵への絵付けは自由に楽しみましょう!絵の具で塗ったり、顔を描いてみたり。

絵の具でなくても、ペンでグルグルと模様をつけてもオシャレ。シールを貼ったり、文字を書くのもいいですね。

画像

イースターエッグに想いを込めて


”I HAVE SOMETHING TO TELL YOU……”(伝えたいことがあるの……)という卵には、ある秘密が隠されています。

画像

大切な人への大切なメッセージをつめるために、中身を空にしていたというわけですね♪

画像

このように小さな紙にメッセージを書いて小さく丸め、穴から入れるとカンタンに『フォーチュンクッキー』ならぬ『フォーチュンエッグ』ができるのです!

”You're gonna be a father!”(あなたは父親になるのよ!)と、卵に隠したメッセージで『サプライズ妊娠報告』なんていうのも可愛いですよね♪

『いつもありがとう』『大好きだよ』なんていう照れくさい言葉も、こんな風に伝えるとロマンチック。

画像

みなさんも今年のイースターは卵にお絵かきをして、大切な人にメッセージを届けてみてはいかがでしょう?

■みんなはどうする?春のカラフル可愛いイベント『イースター』を楽しもう