美人度5割増し!魅せる後ろ姿4つのポイント

オフィスや学校など、いろんな場所で意外と見られているのが後ろ姿。どんなにメイクやファッションにこだわっていても、姿勢が悪くてはその努力も台無しに。

猫背で立ったり座ったりしていると、「だらしない人」という印象を与えてしまうばかりか、体型も変わってきてしまうそう。美しい後ろ姿のヒケツは骨盤と肩甲骨!この2ケ所を意識して、どこから見られても美しい姿勢を手に入れましょう。


◆その1  立ち方

立ったとき猫背で、しかも胸よりもおなかが出てしまう人がいます。これは腹筋と背筋が弱いため。

このままではお尻が垂れてスタイル悪く、老けて見えてしまいます。おなかに力を入れてギュッとへこませ、肩甲骨を中央に寄せることを意識してください。こうするとグッとスタイルよく見えますよ。


◆その2 座り方

座っているときに、猫背や首が前に出てアゴを付き出すような姿勢になっていませんか?

こういう人は呼吸が浅くなりがちで、疲れがたまりやすく老化にもつながります。背中をまっすぐにして、寝ている骨盤を起こしましょう。

キレイに見えるだけでなく、慣れてくれば疲れにくく作業に集中でき、仕事もはかどるはず。背もたれがない椅子でも疲れにくくなりますよ。


◆その3 歩き方

バッグを肩にかけて体が横に傾いていたり、ひざが曲がってお尻が出っ張っている、またかかとをひきずってしまう人も多いですね。

腰から下を「脚」とイメージして歩くのがキレイに見えるコツ。背中とひざをスッと伸ばして、脚と一緒に骨盤も出すことを意識しましょう。


◆その4 美しい姿勢のキープ術

一日に一度ぜひ行ってほしいのが、壁に沿って立って行うチェック。かかと、ふくらはぎの裏、お尻、肩甲骨、頭の5点を壁に付けて2~3分キープできれば言うことなしの姿勢美人!ぜひ試してくださいね。

ハードなトレーニングよりも、毎日長時間キレイな姿勢を意識して行動することの方が大切です。

加えて人に見られていることを意識して、時々体のラインが出るような服を着てみるなど緊張感を持って過ごすのもオススメ。自分では見えないからこそ、後ろ姿には常に気を付けて美人度アップしましょう!


by遠島典子