妊婦さんも、もう困らない!仕事中の眠気対策

妊婦さんも、もう困らない!仕事中の眠気対策

妊娠すると女性ホルモンの影響で、眠気が出てくることがあります。個人差もありますが、眠くて我慢できない、ということも……。

家にいる分にはお昼寝をすることができますが、産休前で仕事をしていると『自分の好きなタイミングで昼寝をする』というわけにはいきません。

妊婦さんの仕事中の眠気対策には、どのような方法があるでしょうか?


●10分でも睡眠をとる



お昼休憩などを利用して、思いきってアラームをかけて10分間の眠りをとってみてください。

妊娠中のため、机に顔をうずめて寝るのはあまりおすすめできません。楽な姿勢で、イスに座ったまま目をつぶるだけでもリフレッシュできますよ。


●どうしても睡眠を取ることが難しい場合



お昼休憩以外の時間で、強烈な眠気に襲われたときには、あまり時間をかけずにできることをしてみるのもいいかもしれません。

・トイレなどで席を離れて、体をうごかしてみる
・スプレータイプの化粧水を顔にふきかける
・リフレッシュできる香りをハンカチにたらしてかぐ

こういったことも、眠気解消につながります。


●ハーブティーに頼ってみる



カフェインが含まれるため、妊娠中のコーヒーはなるべく避けたいもの。

そこでノンカフェインのハーブティーもオススメです。

ペパーミントはメントールの香りがする爽快感のあるハーブ。飲むと一気にスッキリしますよ。

逆に「夜なかなか寝付けなくて、睡眠不足」という人は、リラックス効果のあるハーブティーを。

エルダーフラワーティーやレモンバーベナティーなどを飲むと、精神的に落ち着いて眠りにつきやすくなるでしょう。


●妊婦さんに眠気はつきもの



妊娠すると眠気が出てくるのは、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンが原因です。

プロゲステロンは妊娠を維持するために働くホルモンで、身体を安全にキープしようとします。そのため、眠気が出てしまうのです。

妊婦さんが眠くなってしまうのは、ホルモンの影響で仕方のないこと。

特に妊娠初期はつわりが始まる人も多く、心も体も安定せずに疲れやすい時期。本当は体を安静にしておくことが大切です。


職場では妊娠経験のある人に、フォローをお願いするのもいいかもしれません。できる限り、自宅に帰ったらリラックスをして身体を休めてくださいね。