出産したらしばらく無理…妊娠中にやっておきたい4つのこと

出産したらしばらく無理…妊娠中にやっておきたい4つのこと

妊娠中はつわりがあったりお腹が大きくなって苦しくなったりと、色々なことに悩みます。

そんな時に妊娠中にやっておいた方がいいことなんて、頭がまわらないかもしれません。

しかし、出産後は妊娠中の生活をはるかに超える大変さです。産んでから「妊娠中はのんびりしていたな……」なんて振返って思うかもしれません。

そこで、妊娠中にやっておきたい4つのことを順にご紹介していきましょう。


1)歯科検診



自治体からも補助が出る場合が多い、『歯科検診』。産後はなかなか歯科に通院することはできません。

妊娠中にしっかりキレイにしておき、産後に急な歯の痛みなどが発生しないようにしておきましょう。


2)本や映画などの作品にふれる



出産後はまとまった時間はなかなかとれないものです。本をゆっくり読んだり、映画を観たりすることは無理でしょう。

10分や30分などの細切れの時間で本や映画を観ても、頭に入ってきません。

自分で時間をコントロールできるうちに、読みたかった本、観たかった映画にふれましょう。

それが胎教にもいい影響を与えるかもしれませんよ。


3)夫婦二人の時間



子どもが産まれるとしばらく夫婦二人で外出するなど、ゆっくり話す時間をとることはできなくなります。

一緒にちょっといいディナーのコースを食べに行ったり、記念のマタニティフォトをとって想い出を残したりと、夫婦二人だけの想い出をたくさんつくりましょう。

そんな想い出をいつか子どもに話せる時がくると、素敵ですよね。


4)断捨離



子どもが生まれた後は、びっくりするほど子どもの物が増えていきます。

オムツ、服、おもちゃ……知らぬ間に家が散らかっていくことに、うんざりしてしまうかも。

そこで今のうちに断捨離をしっかり行って、部屋をすっきりさせておくと良いでしょう。

産んでからはゆっくり断捨離する時間はとれず、またホコリがまってしまう大掃除も赤ちゃんの前ではできないため、これは”必須項目”ともいえるでしょう。


出産後はほとんどの時間を赤ちゃんのために過ごします。自分の時間はほぼゼロだと、思っておく覚悟があったほうがいいかもしれません。

もちろんうまく息抜きして自分の時間を作ることも可能ですが、今回紹介したようなことはそれでもなかなか難しいもの……。

出産後に後悔しないように、妊娠期間を有効に使ってくださいね!