妊娠しやすいセックスのために!5月に始める身体づくりとは

妊娠しやすいセックスのために!5月に始める身体づくりとは

5月の暖かい陽気に爽やかな風が吹いて、心が弾む季節ですよね。

暖かくなって活動的な気持ちになると、生殖器がイキイキするといわれています。

つまり暖かい春こそ、妊娠しやすい身体づくりに最適な季節なのです!

現段階では妊娠を希望しない女性も、あとで赤ちゃんが欲しくなった時に役立つこと間違いなし。

妊娠しやすいセックスにつながる、今始めると効果的な身体づくりについてご紹介します。


●骨盤まわりをよく動かそう



この時期、気候に合わせて自然と骨盤が開くようになります。生殖器を活発に動かすための自然な動きだそうです。

この機会にストレッチやヨガなどで、骨盤まわりをよく動かしておきましょう。

血流が良くなり代謝があがることで、子宮の機能もアップしますよ。


●目を休ませてあげよう



スマホやパソコンの使い過ぎにより、目はいつも緊張していて、疲れやすい状態になっています。

実は神経系の疲れというのは、首や肩、背骨をとおって骨盤までこわばらせてしまうのだとか。

せっかく骨盤まわりを動かしても、目の疲れから不調につながってしまっては効果が薄れてしまいます。

ホットタオルや市販のアイマスクなどで、閉じたまぶたをゆっくり温めて休ませてあげるといいでしょう。

また、目玉を上下左右に大きく動かして、筋肉を動かしてあげるのもおすすめです。


●食べ過ぎや運動不足は、早めに解消



GWの連休中、食べ過ぎや運動不足で身体が重くなった人も多いのでは?

自分にとって適切な体重のバランスを知り、「太ってしまったな」と感じたらなるべく早めに運動や食事バランスを心がけてみてください。

お風呂上りにマッサージをしたり、エスカレーターを階段にしたりするだけでも、毎日続ければ大きな成果になります。


●冷たい飲み物は、なるべく避ける



暑い季節になると、氷を入れた冷たい飲み物が美味しいですね。

しかし冷たい飲み物に体が慣れてしまうと、慢性的に欲するようになり、結果的に身体を冷やしてしまうことがあります。

喉が渇く前に、常温に近いお茶やお水を飲むようにすると、冷たいジュースのがぶ飲みグセが防げますよ。

画像

妊娠しやすいセックスとは、女性の体が健康であること。

また今は妊娠を希望していない女性も、パートナーとの絆を深めるセックスをするために、体調管理に気をつけていきたいですよね。

今から少しずつでも意識して、健康で魅力的な身体を手に入れてくださいね。