唯一無二の彼女から妻になる!彼を上手に甘えさせる方法

唯一無二の彼女から妻になる!彼を上手に甘えさせる方法

「長く付き合っているのになかなかプロポーズされない……」「彼氏は出来るのだけど結婚には至らない……」そんな風に思っている方はいませんか?

それはもしかして、男性に結婚を決意させる「何か」が足りないのかも。

恋愛と違って結婚は安心感や相手に甘えられる気持ちも大事。

彼はあなたの前できちんと本音を出し、甘えられているでしょうか。


●男性は、外で戦っている



働いている男の人は、基本的に外では戦闘モード。特に男性同士は例え仲が良くても“協調”より“競争”の関係です。

彼女には、そんな気が張っている外の世界とは違った安らぎを求める人が多いはず。

その安らぎのためには「甘えさせてくれる環境」が必要なのです。

そして、そんな唯一気を許せる相手だからこそ、結婚を意識するのではないでしょうか。


●まずはボディタッチで甘えさせる



普段、彼と一緒にいる時にはわかりやすく甘えさせてあげると、ほとんどの男性はまんざらではない気持ちになるはず。

頭を撫でる、膝枕をしてあげる、手を握ったり腕をそっと撫でてあげる……お母さんの気持ちになって、息子を可愛がるようにボディタッチしてあげると、男性は優しく包まれているような気分になり安心するはず。


●彼がふざけてきたら、全力でのっかる



男性は時にふざけたり、女性を喜ばせようと妙なテンションで冗談を言ってくることがありますよね。

こんな時に「何言ってるの?」と冷たくあしらってしまうと彼はガッカリ。「ノリが悪い」「冗談が通じないし冷たい」と思われることも。

結婚後の生活を想像する時に一番そこにあってほしいのは“笑顔”。彼がふざけてきたらなるべく全力でのっかり、かまってあげることも甘えさせ上手の条件です。


●メンタルサポートをしっかり



もし、普段何も言わない彼が話を聞いて欲しそうだったら。あなたの方から「どうしたの?」と聞いてあげましょう。

男性は弱音をなかなか上手に吐けません。

いつも詮索してしまうのは良くありませんが、ここぞという時に察知してサポートしてあげることが大切。

そのためには、彼の小さな変化を見逃さないようにしましょう。


hands

どんなに強そうに見える男性でも、心のどこかでは「甘えたい」と思う気持ちはあるもの。

その部分をきちんと受け止めてあげることが、結婚への近道かもしれません。