グラビアアイドルも実践!盛れる水着の着方&選び方

海やプールが楽しい季節になりましたね。

デパートの水着売り場も夏の到来に、はしゃぐ女性でにぎわっています。

しかし水着を着たときの体型、スタイルのコンプレックス…女子としては非常に気になるところ。

そこで今回はグラビアアイドルも実践している、実力以上に盛れる水着の着方&選び方を紹介して行きたいと思います。


1. 胸を盛るには!

胸を盛る方法として最強な組み合わせはすばり、ワイヤー入りビキニ×ヌーブラ。

「谷間製造用」に一枚、「ボリュームアップ用」にもう一枚と、二枚使いをしている人もいるほどだとか。

ワイヤー入りビキニはホールド力が強く、パットやヌーブラを仕込んでも不自然になりにくいところがオススメ。

またホルターネックタイプのブラの肩ヒモを短く結んだり、ブラのカップとカップの間を縫いとめて短くしたりすれば、さらに胸を集めて寄せ上げる効果が発揮できます。

谷間すら作るのが困難…というひとは、フリルのついたデザインを選べばフリルのボリュームで小胸を上手くごまかすことが出来ますよ。


2. くびれを作るには!

パレオや付属のスカートは腰骨の位置で着用すると、くびれが明確になりスタイル美人に見えます。

お腹を隠すためついつい上のほうで着てしまいがちですが、せっかくのくびれ部分をわかりづらくしてしまうためおすすめしません。

くびれやメリハリのない幼児体型の場合、ショーツの両サイドに大きなリボンがついているデザインを選べば、腰周りに適度なボリュームができてウエストを華奢に見せるのでおすすめです。


3. 足を長く見せるには!

ビーチやプールでは裸足が基本なので、どうしても気になるのが脚の長さ。

なるべく腰の位置を高く見せるため、ローライズやショートパンツタイプのボトムは避けましょう。

両サイドが細いヒモ状になっているショーツを選べば、腰周りがすっきり見え腰の位置も高く見えます。

ロングパレオを巻いて縦長のラインを作ることによって、手軽に脚長効果を狙うのもいいですね。

それでも気になる場合は最終手段でウェッジソールタイプのビーチサンダルを履くのもおすすめ。

年々水着のタイプ、着こなし共に幅が広がっていますので、上手にコーディネートをして思い切りレジャーを楽しんで下さいね。
----------------------
by KAMI