男を「ダメンズ」にしてしまう!残念な女性の特徴

男を「ダメンズ」にしてしまう!残念な女性の特徴

付き合う男性をダメにしてしまう女性、あなたの周りにもいませんか?

ダメンズの定義は「仕事をしない、浮気をする、お金にだらしない」など定義は色々。

悪気があるわけではないのに、そんなダメンズを作ってしまう女性の特徴にして紹介しようと思います。



●尽くしすぎる



女性が何でも尽くしすぎてしまう場合、男性はどんどん甘えていきます。

本当は尽くしたいという欲求ではなく、「認められたい」「理解してもらいたい」という気持ちから尽くしている可能性が高いです。

認められたいと思って尽くしても、男性が“いい男”になるわけではありません。

男性は“悟る”のが苦手なもの。キチンと口で願望を伝えることで、「彼女のために頑張ろう!」と思わせるのが上手な女性は、まさに“あげまんタイプ”といえそうです。


●自己評価が低い



自己評価が低い女性は失恋をすると、「私のことなんて愛してくれる人はいない……」と思いがちです。

そうすると自分を欲してくれる甘え上手な“ダメンズ予備軍”を引き寄せてしまいます。

また、ダメンズと付き合っていると気づきながらも「別れたら二度と彼氏ができないかも……」という強迫観念から、別れることができないのです。

さらにはダメンズに「お前はオレと別れたら他に付き合ってくれる男はいないぞ!」と洗脳されている場合も少なくありません。

自分の可能性を信じて、彼に依存することなく世界を広げられるようになると、さらに素敵な恋愛をできるようになるでしょう。


●危ない匂いのする刺激が好き



浮気好きの男性を、無意識に魅力的だと思ってしまう女性はいるものです。

・実際に妻がいる男性と関係を持ち、浮気がバレるかバレないかのギリギリの状態で交際するのがドキドキしてたまらない……。

・借金があっても豪快なお金の使い方をする男性が好き……。

こういう状態に、ある種の快感を無意識的に覚えてしまっているのです。

ロマンチックなシチュエーションも大切ですが、本当に自分にとって大切なことを考えて、自分を傷つけるかもしれない男性には、厳しい対応をすることが大事です。


●頼りにされることに生きがいを感じる



「自分がこの人を助けなければいけない」という正義感と、「ダメンズに頼りにされている」という気持ちを感じていたいという欲求がダメンズを作りだしてしまいます。

そういう女性が近くにいると「自分は何もしなくても彼女がどうにかしてくれるからいいな」と思って、さらに何もしなくなります。

ダメンズの力になっていると考える女性は、「普通の女性には出来ないことをしている」という充実感がある可能性が高いです。


一見しっかりしていそうな女性でも、しっかりしすぎているからこそ、ダメンズを育成してしまうことも。

残念な女性にならないために、男性をしっかり“いい男”に育てる器量のある女性でありたいものですね。