忙しい彼にも喜ばれるメール5パターン

彼が仕事や勉強で忙しい時、どんなメールを送るか悩みますよね。

お疲れ様ばかりでは味気ないし、頑張っているのに頑張ってと送るのも考えもの。

会いたいというのも彼にとっては重たいし、長期間連絡を取らないのも心配です。

できれば負担にならず、彼に喜んでもらえるメールを送りたいもの。

今回は忙しい時でも喜んでもらえるメールの内容をご紹介します。


1. 胃袋刺激メール

「○○の好きそうなお店見つけたよ。今度行こうね~。」

など彼が好きそうなお店の情報を写真やお店のページのURLと一緒に送りましょう。

「こんなの作ったよ♪今度作るね!」

と美味しそうに作れた料理の写メを送るのも効果的。

忙しい彼はおいしいものを食べていない可能性も。

次のデートが楽しみになるようなメールを送れば、彼もそれを励みに頑張ることができます。


2. 雨が降りそうな日は傘メール

「今日は午後雨みたいだから、傘を持っていくといいよ。」

など雨が降りそうな日には朝のおはようメールにその日の天気を教えてあげましょう。

彼の体調や状況を気遣ったメールは、やはり貰って嬉しいもの。

しかし毎日送っていると、内容がマンネリ化しがちでもあります。

出がけのメールが嬉しいだけでなく、雨の情報は有難いもの。

彼が出かける前をねらって送ってみてください。


3. 季節を感じる癒しメール

「桜が咲いてたよ!」「もうあじさいの季節だね」

など桜の花やあじさいなど、季節を感じる写メを送りましょう。

あまりに忙しいと、季節の変化に気付く余裕もありません。

キレイなものを見るだけで、忙しい合間に彼がホッと一息つくことができます。


4. 3行メール

疲れていると、長いメールを読むのもしんどいもの。

3行程度の短いメールなら、読むのに力を使わないですし、見ているだけで元気が出ます。

いつもと似た内容かなと思ったら、新しいデコメや絵文字をプラスしてメリハリをつけてみましょう。


5. 返信不要なメール

「?」がついていると返信しないとという義務感が生まれることも。

忙しくて返信できなくても彼の負担にならないよう、返信しなくても大丈夫で気持ちが前向きになるようなメールがオススメです。


忙しい彼へのメール5パターン、いかがでしたでしょうか。

もちろん愚痴など暗い内容は、さらに疲れるので禁物!

あくまで彼が元気になるような、明るくて短いメールを心がけてくださいね。
----------------------
by 宮野 茉莉子