セックスしたがらない男性の本音シリーズ ~忙しい妻とのすれ違い~

セックスしたがらない男性の本音シリーズ ~忙しい妻とのすれ違い~

「結婚前は週に1度はあったのに、最近は全然誘われない……」そんな悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか。

女性としては、「私に魅力がなくなったのかな」など、自信をなくしてしまうこともありますよね。

妊娠を希望している女性ならば、大きな悩みです。

このシリーズでは、“なぜ男性がセックスレスになってしまうのか”、既婚男性に本音を語ってもらいます。

第3回目となる今回は、お互い仕事に忙しくすれ違い、離婚に至ってしまったFさんの話を伺います。

●「お互い忙しくて、一緒にいる時間がなかった」



大手メーカーでエンジニアとして働く28歳のSさん。

学生時代からの同い年の彼女と結婚したものの、結婚2年目で離婚。結婚して1年が過ぎた頃から、時間のすれ違いによりセックスレスに。

「セックスレスの一番の原因は、お互い仕事が忙しくて、2人でゆっくりする時間があまりなくなってしまったことです。

生活するのに不自由はしなかったんですが、奥さんは頑張り屋で、仕事が大好きだったんです。

僕は平日夜遅くまで仕事があって、土日は休み。でも奥さんはイベント関係の仕事をしていたので、土日は仕事。

例えば僕は平日にしっかり仕事をして、金曜や土曜の夜にお酒を飲んでのんびりして、雰囲気がよければセックスしたい。

けど奥さんは、明日は頑張るぞって意気込んで、早くに寝るんですよね。お互いの時間と、リラックスするタイミングがズレていたのが大きかったです」

子どもがいない共働きの状態だと、どちらも仕事に熱心になってしまいがち。それでもお互いにサポートしている夫婦はたくさんいるはずです。

それでもセックスレスに至ってしまった原因としては、奥さんを女性として見れなくなってしまったことも大きいようで……。


●「家でダラダラされると……」



「結婚当初は忙しくも仕事に励む彼女を全面的にサポートしていたし、恋人同士みたいなドキドキ感もありました。

けれども僕が週末に洗濯とか掃除をするのが習慣化して、“やってくれて当たり前だ”って態度になっていったんですよね。“私は土日忙しいから”って。

でも平日の休みには家でぐうたらしてるし、僕が夜遅くに帰宅すると部屋が散らかってて、オバサンみたいな格好でソファでだらしなく寝てたりするんですよ。

たまにならいいですけどいつもそんな感じで、家でダラダラされると仕事帰りの僕はイラっとしてしまったんです。

もちろんそんな状態じゃセックスする気もまったく起きなくて……」

奥さんが“感謝の気持ちを表現しなくなっていったこと”や、“夫に女性として見られる努力”が薄れていったことも、少しずつ旦那さんとの距離が開いていった原因のようです。


●「夫婦なのに、わざと会わないようにしていた」



「そうやってお互いにズレが生じるとギクシャクしてしまって、セックスレスでもいいやって思って、わざと時間をずらすようにしたんです。

同じベッドにいる時間をなるべく少なくするために、平日は奥さんが寝ているような遅い時間に帰ったりしていました。

奥さんが自分からセックスに誘うようなガラじゃない人なんで、僕が自分から誘わない理由を、わざと作るようにしていたのかもしれません」

そんな生活が1年続いて、ついに奥さんから離婚を切り出され……。

”結婚しているのに、一緒にいる意味がない気がする”って告げられて、離婚の流れになりました。そこで関係を再構築できるように、どっちかが踏み切れればよかったんですが、僕も内心ホッとしてしまったんです。

お互いの未来のために、決めたなら早くしようって思って円満に離婚しました」

浮気や金銭問題などの大きな原因がないのに、時間のすれ違いとセックスレスが原因で離婚に至ってしまった夫婦。

お互いへの感謝の気持ちと配慮があれば、セックスレスが防げたかもしれません。

仕事で忙しい女性にとって、結婚後の夫婦時間の確保は大きな問題です。

少し譲歩してでも、“一緒にリラックスする時間”はなるべく作るようにするといいかもしれませんね。