男性にも生理やPMSが!?彼氏のヒステリーに悩む女性たち

男性にも生理やPMSが!?彼氏のヒステリーに悩む女性たち

生理予測やダイエットに役立つ、女性のための体調管理アプリ&コミュニティ『ラルーン』。

420万人の女性が利用してくださっています。

今回は、悩み相談コミュニティで盛り上がっていた「彼氏にも生理があるのでは……!?」という話題について、5人の女性を招いて座談会を開催しました。

プロフィール


●ヒステリーは避けられない?花を見てもムカつく、生理



——ラルーンには、コラムや、悩み相談ができるコミュニティなど、さまざまなコンテンツがあります。なかでも利用ユーザーが多いのが生理日予測なんです。

かみむら:ラルーンの生理日予測、使っています。PMSや生理痛がひどいから、心の準備をしておかないと。

高原:わたしも生理痛はひどいですね。だから、生理日を予測しておいて生理痛が来る前に痛み止めを飲んじゃいます。

瀬古:わたしも、生理管理しています。年々痛みが増してる気がするんですよね……。

石田:わたしは、生理痛って人生で2回くらいしか経験したことないです。PMSってどんな感じなんだろう?

濱田:いいな。わたしはPMSがひどくて、めちゃくちゃ落ち込みます。「明日が見えない。世界が終わる」とか思って、泣いちゃったりするくらい。なにか原因があるわけじゃないんですけどね。

かみむら:カラダのだるさに加えて、理由なくイライラしちゃったりね。いつも通りに仕事が捗らなくて、余計に悲しくなるし。それに加えて彼氏の理解がなかったりする場合は、すごくしんどいですよね。

濱田:以前、彼氏と一緒に、PMSに関するCMを見ていたときに「女の人って大変だね」ってすごく驚いていました!「花を見てもムカつく」っていうようなものだったんですけど。

かみむら:花を見てもムカつく気持ち、わかるかも。女性が理由なく不機嫌になったり、多少ヒステリーになっちゃうのって仕方ないかもしれないですね。


●男性にも生理がある!?満月の夜は、要注意



——ちなみに、ラルーンのコミュニティでは「男性にも生理やPMSのような時期があるよね」という話で盛り上がっているユーザーさんたちがいました。そんな風に感じたことはありますか?

濱田:あります。男の人にも生理みたいなときってありますよね!急に怒りだしたりとか。

一同:わかる!

石田:けっこう前に付き合っていた元カレが、理不尽にわたしに当たってくるような人でした。すごく才能があって、仕事が忙しい人だったんで、プレッシャーやストレスもあったのかもしれないけど。

濱田:わたしの場合、彼氏とケンカのきっかけになるときって、決まって満月の夜なんですよ。

かみむら:え!?狼男なの!?

石田:ああ。満月の日って犯罪率があがるって聞いたことがある!

瀬古:月の周期でイライラするなんて、まさに生理みたいですね(笑)

濱田:そうなんですよ。だから、事前に満月の日をチェックしておいて、「今日は満月だから、喧嘩になりそうだったら譲ろう!」って、こっそり気遣うようにしています(笑)


●警察沙汰も……!ヒステリー男に悩む女性たち



——みなさん、ご主人や彼氏とはケンカするものなのでしょうか?

高原:わたしは主人と結婚するまで、ケンカもありましたね。

主人がヨーロッパで働いているので、遠距離恋愛ですれ違うことも多くて。それでもお互いやっぱり好きだと思うくらいなので、これは結婚すべき相手なんだって思ったんです。

瀬古:わたし、今まで一度もケンカしたことないんですよね

高原:へー!人に対してイヤな気持ちになることってないんですか?

瀬古:あるけど、なんか時差があるんですよね。イヤなことをされても「なんか違うような……」って思って、その場ではスルーしちゃう。

あとからじわじわ「やっぱりおかしい!わたし怒ってよかったよね!」って思うんですよ。

でも、結局あとから怒るなんてできないし、もう、どうやって怒ればいいのかわからない(笑)みんな、どうやってケンカに至るんですか?

石田:これまで付き合ってきた人とは、他の女性と仲良くしているのを見るやいなや、即ケンカですね。ゆい(かみむら)も、そういう原因で激しくケンカした元カレがいたよね!?

かみむら:いた(笑)大勢で飲んでいたときに、わたしの目の前で後輩の女の子の頭を撫でてたの

彼女が落ち込んでたから慰めていたらしいんだけど。その場ではみんながいるから怒りたくなくて「先に帰る」って言ったら「なんで帰るんだよ」って引きずり回されたんです

わたしは流血して泣いてるわ、彼は怒鳴ってるわで、周りの人が警察を呼んで事情聴取されちゃいました……。

高原:警察まで!すごい元カレですね……。

そういう人でも、恋に落ちているときは好きなんですよね。その気持ち、分からなくはないな。

濱田:感情の振れ幅が激しい人って、それだけ普段はすごく優しいんですよね。よくドラマで見るとおり、ケンカしたあとは特に優しいから抜けだせないですよね。

高原:うん。だから、そのまま離れられずに一緒にいてしまう女性って意外と多いですよね。抜け出せて本当によかったですね!

瀬古:いろんな恋愛があるんですね。

石田:わたしたちだけじゃなくて、男性のヒステリーに悩まされてる女性ってたくさんいると思います




PMSのような症状に悩まされているのは、女性だけじゃないみたいですね。男性も女性も、理由なくイライラしてしまう時期があるということを理解し合って、仲良く過ごしたいものです。

女性なら生理日や排卵日などのカラダのリズムを把握することで、気持ちが落ち込んだりイライラしやすくなってしまう時期を知っておくことができます。

自分の体調と気持ちの変化を自然のこととして受け入れることで、彼との不要な衝突が少しでも避けられるといいですよね。

自分のココロとカラダを一番理解してあげられるのは自分だけです。ラルーンのカレンダーなら生理日を入力するだけで気持ちのブルーゾーン・ハッピーゾーンがぱっと見てわかります。

ラルーンの体調管理機能、ぜひ使ってみてくださいね!


《座談会参加者プロフィール》


プロフィール

●石田舞
アーティストマネジメント・セールスマネージャー

大阪出身。大学生からサロンモデルや読者モデルを経験し、卒業後はアパレル店に勤務。

退職後、語学留学のためNYに渡り、その後上京。現在は音楽レーベルの運営やアーティストマネジメント、プロダクト開発など兼ね備えたプロジェクトチームのセールスマネージャーとして勤務。

プロフィール

かみむらゆい
PRライター・PRプランナー

PRライター、PRプランナーとして企業や個人のコミュニケーションデザインをおこなう。

2009年ニューヨークでPRプランナーやライターとして活動。帰国後、IT系PRカンパニーにて勤務。2014年にフリーランスとなる。ninoyaブログ「PRライターという仕事」、ユルリラ「PRのコツ」などを連載中。

プロフィール

瀬古あゆみ
コミュニケーションディレクター

ファッション業界を中心に、フリーランスで企業のコミュニケーションディレクターを担う。

また、4月からは新たにオープンした韓国ファッションECサイト「HANILOOK」の総ディレクターも務める。等身大の日常をインスタグラムで日々更新中。

プロフィール

高原友美
「まちのてらこや保育園」園長

三井物産株式会社を退職後、株式会社サムライウーマンを設立。

現在、中央区日本橋で「まちのてらこや保育園」の園長を務め、まち全体で子育てに関わる仕組み作りを行っている。第32代中央区観光大使・ミス中央でもあり、中央区の魅力を国内外に発信中。

プロフィール

濱田文恵
ビューティーPRライター

広告代理店にて培ったスキルを活かし、美容メディアでの記事執筆、通販LPのライティング、キャッチコピー・コンセプト考案など、企業と消費者を繋ぐビューティーPRライターとしてマルチに活躍中。

その他、セミナー講師・メイクレッスン・メディア出演・執筆・広報PR等も手掛ける。