育児で一番困る?子どもの年齢別、寝かしつけ方法まとめ

育児で一番困る?子どもの年齢別、寝かしつけ方法まとめ

育児中のお母さんたちにとっての大きな悩み、それは“寝かしつけ”に関すること。

なかなか寝てくれない、寝てもすぐ起きてしまう、ついついイライラしてしまう……などなど、困っているお母さんも多いですよね。

今回は子どもの年齢別で、寝かしつけ方法についてまとめてみました。


●ねんねの赤ちゃん(新生児~1歳くらいまで)



生まれたばかりや歩きはじめるまでの赤ちゃん。眠っている時間も多く、お母さんは一日のうちで何度も「寝かしつけ」をしなければいけません。「一日中寝かしつけをしているのではないか……」と思うほどです。

ですがこの時期の赤ちゃんは要求さえ満たされていれば比較的スムーズに眠ってくれるもの。ミルクやオムツなどの基本的な状態が問題ないなら、あとは“抱っこして歩く”が最も効果的かもしれません。

赤ちゃんには「抱っこされたらリラックスして眠る、輸送本能」というものが備わっていると言われています。

ちょっと大変ですが、“抱っこ紐などで外をぐるりと一周”、が赤ちゃんにとってもスムーズに眠れる方法のようです。

[新生児~1歳くらいまで]
★タイミング:一日に何度も
★効果的な方法:抱っこして歩く


●よちよち期(1歳児)



赤ちゃんの頃とはかなり睡眠の質が変化してくる頃です。起きている時間がかなり長くなり、お昼寝も一日に1回ほどに。寝かしつけタイミングはお昼と夜、1回ずつ。

身体を動かすことが多くなるので眠りも深くなりますが、「背中スイッチ」と呼ばれる、「抱いていると寝ているのに置くと泣く」はまだある頃。

背中スイッチは、色々な理由で発動すると言われていますがその理由の一つが「温度差」。抱っこの時の体温から布団へおろした時の急激な変化で起きてしまうことがあるようです。

先に湯たんぽで布団を温めておく、まずお母さんが布団に座って人肌で温めるなどの工夫をしてみましょう。

[1歳児~]
★タイミング:お昼と夜、1回ずつ
★効果的な方法:抱っこと布団の温度差をなくす


●いやいや期(2歳児~)



言葉も出てきて自我が芽生え、いわゆる「いやいや期」に突入し始めるこの時期。それでもなかなか一人で眠ることは出来ず、まだまだお母さんの寝かしつけが必要な時期です。

それなのに夜になっても「まだ寝たくない」「眠くない」と眠いことを否定したがるお子さんも多いですよね。

まずは寝る前の絵本やスキンシップなど、“入眠の合図”のような習慣をつけましょう。「絵本を2冊読んだら寝る」「10分間イチャイチャしたら寝る」など、毎日の決め事をしておけば、身体にその習慣が刷り込まれます。

特に寝る前の親子のスキンシップはとても大事。愛情で満たされれば、安心して自然にうとうとしてくるはずです。

逆にテレビやパソコンなどの光は興奮してしまうので、寝る1,2時間前に消すようにしましょう。

[2歳児~]
★タイミング:夜(または昼寝のタイミング)
★効果的な方法:入眠習慣をつくる、スキンシップ、テレビやパソコンを消す



お母さんたちが日々試行錯誤している“寝かしつけ”。ですが子どもは母親のイライラなどを敏感に察知し、眠れなくなってしまうこともあります。

お母さん自身が焦らずに「ま、いっか」と、心に余裕を持つことも大事かもしれませんね。